サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ インフルエンザ...

インフルエンザや花粉症には乳酸菌、その前に。

乳酸菌がインフルエンザや花粉症に
効果があると、数年前から話題ですね。
腸を元気にすることで、
免疫力がアップするということです。

他にも、
ダイエットにはココナツォーターがいい、とか、
お肌のためにコラーゲンを、とか、
女性ホルモンのためにザクロエキスを、とか。

今までありとあらゆる健康食品が
とっかえひっかえ流行りました。
ええ。私も勿論、
片っぱしから乗っかってきましたよ。笑

これらを否定する気はありません。
きちんとした根拠があるし、
体に良いものばかりです。

でもちょっと考えてみてください。
どれだけお金をつかってそれらを摂取したとしても、
それに響く体を持ち合わせていないと、
意味がないと思いませんか。

口から体内に入るものは、すべて胃で消化され、
腸で吸収されて、血となり肉となり、
自分の体を作ってくれます。
どんなに良いものを体内に取り込んだとしても、
それを吸収して、体に巡らせてくれる力がないと、
もとのもくあみ、です。

人はどうしても、何かを
「プラス」をすることで
健康を手に入れようとします。

ヨガは逆で、
「必要なものはすでに持っている。
要らないものを手放していく」という
「マイナスの概念」で健康を手に入れようとします。

要らないものその1、
食べすぎること、飲みすぎること。
必要以上に胃腸が動かされるため、
疲れてしまい、仕事が雑になってしまいます。
体の排出機能が低下します。

要らないものその2、ストレス。
腸は第二の脳といわれるほどで、
ストレスを受けると腸は動きが鈍くなります。
ストレスは自律神経の動きを封じ込め、
ぜんどう運動を阻止してしまいます。
当然上手に排出してくれなくなります。

生きるということは、
体に入れたものをしっかりと排出すること。
空いたスペースに
新鮮なものを入れることの繰り返しです。

要らないものを手放すと
そこにスペースができるので、
新しいものが入ってこれるようになります。
(断捨離の考え方ですね)

必要な食事さえきちんと取っていれば、
人間の体は素晴らしく良くできていて、
あとは勝手にやってくれます。笑

逆に食べたものをしっかり出さないまま、
他の何かを入れたところで、
行き場がなくなった者たちは、
どうなると思います?

腸って頭がいいのか悪いのか、笑。
行き場がなくなった毒素を吸収し、
体内にまた戻してしまうんです!わー。
便秘になるとふきでものがでますよね。
あれ、行き場がなくなった毒素の印です。

自分で自分の体の代謝を悪くしていませんか?

そんな時にはヨガです。
呼吸と筋肉運動で代謝がよくなり、
自律神経が安定します。
呼吸が深くなることで、気持ちが満たされます。

気持ちが満たされると、食べすぎ飲みすぎ、
ストレスもうまく流せるようになります。
すると食べ物の志向も変わります。

何かをプラスすることで
健康を手に入れようとしている人は、
体質改善をしたい人がほとんどですよね。
食べ物の志向が変わるというのは、
体質改善に大きな影響を及ぼします。

話を元に戻しますが。
乳酸菌。大事です。
腸が元気であれば、怖いものなしです。

乳酸菌は善玉菌。
悪玉菌より善玉菌をふやせば、
理想的な排便が促され、健康的な生活が送れます。
だから乳酸菌を摂取しようとするのですが、
その前に、その乳酸菌を活かすことができる
体づくりをおすすめします。

外から乳酸菌を入れる前に、
今の食事量、内容、摂取時間の見直しをすること・・・云々。


そんなことわかってるんだよー!
でもできないんだよー!


とってもわかります。その気持ち。
私もそうでした。
たらふく食べて、
サプリメント、ガンガンとってました。
自分で分解できない量を摂取しておいて、
さらにそれを分解するためのものを摂取する。
もう、なにがなんだかよくわからない状態ですよね。

はっきり言います。
食べすぎはストレスです。
がーん。笑

ヨガはそんな状態を打破する
良いきっかけになってくれると思います。

ヨガをして気持ちと体の流れが良くなったころには、
心も体も満たされて、食べる量は減ります。
少ない量を少ないエネルギーで循環させる、
そう、低燃費な体になるんです!
そうなると、
必要な栄養素をとる食事内容になっているので、
(外から入れる)乳酸菌を必要としなくなっていると思います。

ヨガで代謝を良くして、腸のぜん動運動をうながし、
出すべきものをきちんと出せていれば、
自ずと乳酸菌は増えます。

必要なものはだいたい揃っています。
あるものでどうやって自分を生きていくのか。
もうすでに持っているものを活かすも殺すも自分次第です。

この春、
ヨガで自分の力をたたき起こしてみませんか?笑














インフルエンザや花粉症には乳酸菌、その前に。

(2015年2月4日(水) 21:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ヨガレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ