サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 美は健康の奥に...

美は健康の奥にある!-乾燥肌について-

寒いです。
乾燥しています。
これからどんどん乾燥していきます。

ヨガをする時って裸足ですよね。
冬だけじゃなくて夏でもカカトがガサガサで、
どうにかならないかなーってずっと思いながら、
クリームやらオイルやら、いろんなものをぬったり、
ピーリング剤を使ったり。
私はずっと、カカトケアジプシーでした。

でも、ある時を境に、私のカカトは変わった!!!

何をしたのかって?
ズバリ、

「水分代謝をよくした状態で、血流を良くした」んです。

トイレを我慢しない。
出したら白湯を飲む。
起きたとき、寝る前にも白湯を飲む。
のどの渇きを感じる少し前に水分補給をする。

体の水分が足りないと、貯め込もうとしてむくみます。
一日●ℓ、などとは決めません。
自分の体にきいて、飲みたいと思うときに飲みました。
まず、むくみがとれました。

軽い運動をすれば水分を取りたいと思います。
運動をしないと思いません。
でも確実に、知らず知らずのうちに
尿や汗で水分は体の外に出ています。

運動をして、水分補給。
この繰り返しだけで、代謝はよくなります。
そしてむくみは少なくなります。

その状態をキープしつつ、運動量の多いヨガを
以前より取り入れるようになりました。
なるべく朝晩のストレッチを
かかさないようにしました。

ヨガをすると汗をかくので、
さらに水分補給をするようになります。
体の水分代謝がよい状態で運動をする。
続けているとむくみだけではなく
冷え症も改善傾向に。

寒いと血は内臓を守ろうとして、
身体の真ん中に集まります。
するとどうしても身体の末端のほうまで
十分に血がいきわたらなくなります。

水が、血が十分にいきわたらないということは、
そこに栄養が届かないということ。
そうしてどんどん細胞が死んでゆく・・・。
ひゃーーーー。

そうです。
肌の乾燥の根本の理由は



「水分代謝の滞り、血流不足」



だったんですね。
それはいくら外側からのケアだけをしたところで
(もう若くないんですから。笑)
乾燥は治りませんわ。

そして血流を促すのは、
気(呼吸)と、筋肉運動。
そう!まさにヨガ!

水分代謝をよくすること
体を末端まであたためること
血になる食べ物、血に変えてくれる食べ物を
積極的に摂取すること
(そもそも血が少ないと巡らせられませんよね)

これに気をつけたところ、
真っ白だったカカトが、きちんと肌色になりました。笑

冬になると粉をふいていたスネも、
まだ乾燥はあるものの、粉をふかなくなりました。

冬になるといつも手の指先はささくれて、
血を噴き出しておりましたが、それもなくなりました。

健康を極めることは美へとつながる。
逆もしかり。
そして継続は力なり。
ということを実感しました。

生物、(人間以外の)動物界では、
冬を越せたものだけが、春夏秋と生活を営むことができますよね。
人間だって、
健康的に冬が越せれば、他の季節も楽しくすごせると思うんです。

ピンチはチャンス。
寒くて乾燥する冬は風邪をひいたり、胃腸炎になったりと、
ピンチの連続です。
でも乗りきってしまえばこっちのもの。
そう、チャンスなんです。

体は正直者。
体からのサイン、見逃していませんか?
ぜひ一緒に体のメンテナンスをしましょう!







美は健康の奥にある!-乾燥肌について-

(2015年1月17日(土) 17:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ヨガレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ