全国5万人が受講している「サイタ」

Word(ワード)使い方講座・スクール

Word(ワード)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word奈良 やさしい・楽しいWord講座 スクールブログ ローマ字入力と...

ローマ字入力とかな入力

パソコンでの文字の入力方法として、現在ではローマ字入力が圧倒的に主流ですが、ご高齢の方の中には「かな入力」で入力されている方もおられると思います。
私の父も、現在78歳ですが、断然かな入力です。
私自身も、約20~30年前のワープロ全盛期にかな入力でブラインドタッチをマスターしました。
それ以来、パソコン教室でインストラクターをするまでは、かな入力で通してきました。
ですが、インストラクターをしていたパソコン教室ではローマ字入力をお勧めしていたため、自分もそこで、かな入力からローマ字入力へ切り替えたわけです。

まず、ここで申し上げておきたいのは、当スクールでは、入力方法は生徒様のご希望に合わせて行っていただけます!・・・ということです。
かな入力ご希望でも大歓迎です。コーチのパソコンをお使いの場合は、ちゃんとかな入力に切り替えておきますので安心してくださいね。

と、安心していただいたところで・・・
では、なぜパソコン教室ではローマ字入力をお勧めするのか。

まず、かな入力よりローマ字入力の方が使用するキーが圧倒的に少ないことです。
かなは50字ありますが、ローマ字で使用するアルファベットは26字と約半分です。
使用するキーが少ないということはそれだけキーの配列も覚えやすく、入力時に指を移動させる範囲が少なくてすみます。
そして、もうひとつの利点はアルファベットの配列を覚えるので、英文を入力する場合でも有効だということです。
かな入力ではかなの配列しか覚えていないと英字を入力する時はキーボードをガン見しないと打てません。
このような理由で、これからパソコンを始めるという方にはローマ字入力をお勧めするわけです。

ですが! かな入力にも実はいいところがあるんですよ。
慣れると入力スピードはローマ字入力より早いんです。
かな入力の場合はほとんどが1つの文字に対し1つのキーで対応しています。ですがローマ字入力では母音以外はすべてキーを2つ押さないといけませんよね。「か」を入力する時は、かな入力では「か」のキーを押すだけですが、ローマ字入力の場合は「K」と「A」を押さないといけません。その分、入力スピード的にはかな入力より劣るわけです。
ですから、昔、入力スピードが要求される「ワープロ検定」を受験する生徒さんには、逆にかな入力をお勧めしてたんですよ。

私も今はすっかりローマ字入力に慣れてしましましたが、かな入力にも実は愛着あるんですよね^^;

あ、もちろん、かなからローマ字に切り替えたいんやけど・・・という方ももちろん大歓迎ですからね!
入力方法に限らず、どんな些細なことでもご心配なこと、気になることはお気軽にご相談ください!!

 

(2015年7月12日(日) 9:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小学生~シニアまで指導。質問しやすい雰囲気で目標達成もスムーズ

やさしい・楽しいWord講座
巻木育子 (Word)

金橋・大和八木・五位堂・築山・大和高田

ブログ記事 ページ先頭へ