全国5万人が受講している「サイタ」

Word(ワード)使い方講座・スクール

Word(ワード)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word埼玉 はじめてのWord基礎講座 スクールブログ 体験スタートの...

体験スタートの前に・・講座(2)2014.9.24更新

体験スタートの前に、ちょっとした講座(その2)

【体験スタートの前に・・講座(1)】はExcel講座に掲載中。
【体験スタートの前に・・講座(3)】はPowerPoint講座に掲載。
【体験スタートの前に・・講座(4)】はMOS対策講座掲載【UP!!】

■均等割り付けの役割■

A子さん「昨日ね、バーベキューのお知らせを作成していたの。文字をさ、均等割り付けして揃えるはずが、一行にいっぱい広がってしまって焦ったよ。何とか試行錯誤で、文字列の均等割り付けが出来たけど、操作がイマイチ・・よくわからなかったんだ。」

B美さん「そうそう、均等割り付けってややこしいよね。手間かかるし、Wordって嫌い~。」

パソコン嬢「ちょっと、待って、待って!wordを嫌いにならないで~(涙)均等割り付けって、とても便利だし、操作の意味を知っていれば、効率の良い機能なの!」

A子さん・B美さん「でっ、出たー!!」

パソコン嬢「まずね、機能の役割を理解して欲しいの。たとえば「日時」「開催場所」の文字列をあわせる為に4文字にしたい場合、「日時」にスペースを入れて整えてあげるのも良いけれど、文字数が多いと手間がかかるよね。そんな時に〖均等割り付け〗を使うと、一瞬で4文字分を整えることができるんだ。」

A子さん「でも・・横にびよーんと広がってしまったりするから、余計にややこしい・・」

パソコン嬢「ううん、均等割り付けっていうのは実は二種類あるの!〖行〗と〖文字列〗の二つだけ、頭に入れてあげると操作がわかりやすいよー♪」

B美さん「操作の方法は?」

パソコン嬢「〖行〗に対して均等割り付けをする場合は、カーソルをその行に入れて、均等割り付けのボタンを押すだけ♪〖文字列〗に対して均等割り付けをする場合には、文字を選択して同じボタンを押すと、ボックスが表示されるの。ビックリしないでね♪そこに文字数を入れるだけ♪でもでも、聞いて聞いて!!この操作をすると、Word画面表示に二つの違いが出てくるの!」

A子さん・B美さん「えっ?!」

パソコン嬢「〖行〗に対して均等割り付けを行うと、ボタンがオレンジ色に光ること。〖文字列〗に対して均等割り付けを行うと、ボタンはオレンジ色に光らないけれど、文字列にカーソルを入れてみると、青い下線が表示されるんだ。でも、この二つの違いは大事なんだ。どうしてだと思う?」

A子さん・B美さん「なんでだろう・・・」

パソコン嬢「たとえば、自分で作成していたものなら何の操作をして、文字列を揃えたのか、わかるよね。ただ、例えば上司が作成して自分が修正する場合とか、誰かが作ったものに対して手を加えていく場合、この違いが理解していないと、せっかくの文書がバラバラに崩れてしまうんだ!」

A子さん・B美さん「なるほど・・・」

パソコン嬢「均等割り付けは、〖行〗に対してなのか、〖文字列〗に対してなのか、この二つだけを覚えておくと、とても効率よく操作できるよー♪」

A子さん・B美さん「今回も勉強になりました!」

☆今回のまとめ☆
均等割り付けは、重点を二つに置くことによって理解しやすくなります。自分が今、どのような操作を行っているのかが、明確になれば、とても効率があがり記憶に残ります。

注意)パソコン嬢は架空の人物なので、私本人がレッスン時に知らない方の会話に入ることはありませんので、ご安心下さいね(笑)

 

(2014年5月29日(木) 12:32)

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴7年以上!生徒さん目線と評判のレッスンなので、初心者も安心

はじめてのWord基礎講座
上大谷まさみ (Word)

池袋・北朝霞・川越・大山・成増・和光市・みずほ台・ふじみ野・若葉

ブログ記事 ページ先頭へ