全国5万人が受講している「サイタ」

Word(ワード)使い方講座・スクール

Word(ワード)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word愛知 RWパソコン教室 スクールブログ OSのインスト...

OSのインストール

先日、OSなしのノートPCを手に入れ、
WindowsOSをインストールする機会に恵まれました。
初めてだったのですが、思ったほど難しくなくてよかったです。


流れは↓のようになりました。


1.BIOSでブートドライブ設定
2.起動ディスク作成してドライブに入れる
3.OSインストール自動でしてくれる。
4.ドライバ入れる(BTO*だったので、必要なドライバ入ったディスクつきでした)
5.ネットの設定してウイルスソフト設定
 +必要なものいろいろ(chromeとかliveとか)おとす
6.システム構成とデバイスの不備をチェック
7.ライセンス認証する
8.終わり


4.のBTOというのは受注生産方式のことです。
お客から注文を受けてから製品を生産します。
パーツの組み合わせを指定して、
オリジナルのパソコンを注文することが出来ます。


ぶち当たった壁:
持っていたOSはISOイメージだったのですが、
最初ISOイメージをDVDに焼けばそのまま起動ディスクになると思い込んでて、
何度やってもインストールが始まらないので困りました。
調べたら、ISOはハードに入れてフリーソフトで
DVDに展開して起動ディスクを作成するってわかりました。


ライセンス認証でエラーコードが出ました。
正規版なので、プロダクトキーも大丈夫なはずなので理由がわからず。
ボリューム構成とディスク名が違います、とかメッセージ出るんだけど
そのエラーコードをネット検索しても出てこないし…結局
忙しいのもあって2日間ほったらかしにしてしまいました。
HDDが500GBしかないので、パーテーショニングしなかったんだけど、
それが原因??とかぐるぐる考えてしまった。


その後、いじってたらライセンス認証してくれました。
よかった。

OSのインストールOSのインストールOSのインストール

(2011年9月20日(火) 20:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務経験14年、Microsoft認定トレーナーが教えるワード

RWパソコン教室
水野さちこ (Word)

千種・大曽根・勝川・栄

ブログ記事 ページ先頭へ