全国5万人が受講している「サイタ」

Word(ワード)使い方講座・スクール

Word(ワード)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word東京 初心者のためのワード寺子屋 スクールブログ 体裁を整える

体裁を整える

ご存知の方も多いと思いますが、その昔パソコンで文章を作成するときは「一太郎」を使うのが主流でした。

現在ではWindowsが主流となり、同じMicrosoftの「Word」が現在の主流です。仕事上の文章作成でWordを使わないことはまずないでしょう。


仕事をしているとWordで作成された文章を目にすることは日常的です。
「印刷したもの」「メールで送られてきたファイル」などなど…

しかしいつも思うことがあります。
それは、「なんとなく体裁は取れている」です。

よく見ると行の開始位置が微妙にずれていたり、文末が凸凹だったり…。

Wordはアルファベットという半角を扱う国で生まれたものです。本来日本語は全角ですから、文字幅などはあまり気にすることはありませんでした。
しかしWordでは、それらを補うテクニックが大切なのです。

例えば仕事の取引先にファイルごと送った場合、なんとなくの体裁では、裸を見られているようでとても恥ずかしいですね。
もしかしたら、他社に仕事を取られてしまうかもしれません。
契約書であれば、なおさらです。
契約書(案)のなんとなく体裁の文章を見て、契約締結を考え直されてしまうかも…


そうならないためにも、きちんと整った文章を作成したいものです。


例えば写真上下の文章、パッと見はなんとなく同じように見えます。しかし「編集記号の表示」をすると違いが一目瞭然です。

美しい文章には、人柄も反映されるのです。
あなたの文章、きれいにお化粧してみませんか?

体裁を整える

(2011年6月20日(月) 16:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

TV業界で技術職16年。手紙~広告作成まで。ワードを使って豊かな生活

初心者のためのワード寺子屋
笹本学 (Word)

日暮里・西船橋・小岩・本八幡・船橋・北千住・亀有・金町・曳舟・町屋・お花茶屋・青砥・...

ブログ記事 ページ先頭へ