全国5万人が受講している「サイタ」

Word(ワード)使い方講座・スクール

Word(ワード)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word東京 WordPro大親切スクール スクールブログ 「大親切」?―...

「大親切」?――その1

「心は誰にも見えないけれど、心遣いは見える」

東北関東大震災以後、テレビから繰り返し流れてくるこの公共広告を、みなさんも耳にされたことと思います。親切心は見えないけど親切は見える――そうだよなぁと思いつつ、でも、見えるから、やっぱり躊躇してしまうんだよ、と私は思ってしまいました。

私の教室の名称は「大親切だいしんせつスクール」です。なぜ「大親切」なのか。もちろん深い意味はないです。けれども「大親切」という名前にはある小さな願いが込められています。

例えば、回転寿司は親切だと思います。なぜかというと、次々にいろんなお寿司が出てくるからです。私は、ボタンで注文できる回転寿司店に、つい、足が向きます。実は、「注文しなくても食べられる」というところが回転寿司の最大の利点だと思っている私にとって、いちいち店員さんにお願いしなければ食べたいお寿司が出てこないような回転寿司店は、システム的に矛盾した存在に思えるのです。

ハンバーガーショップも親切だと思います。カウンターに行くと、訓練された店員さんが「いらっしゃいませ!ご注文をどうぞ!」とマニュアル通りのフレーズを繰り返します。店員さんの応対を機械的で嫌だという人もあるようですが、私は嫌いではありません。むしろ、一見「心がない」ようにも感じられる、笑顔で無機質なそのやりとりに、ホッとしている自分がいます。

いきなり心と心の関わりという重いものではなくて、そっとしておいてくれること、けれども必要なものをわかって提供してくれること――そんなことが、私は、しがらみの多い現代社会にふさわしい、「親切」の一つの形だと思うのです。

けれど「心のなさ」にいやしを感じてしまうというのは、やはりどこか病んでいるのですよね、たぶん。ですから、私はスクールの名称を、「親切」ではなく、「大親切」にしてみました。「親切」はよいものだけど、それだけではない何かをみなさんと共有できるように、という私の願いです。

――ところで、WordやExcelにも「親切」機能があるのをご存じですか?「オートコレクト」や「入力オートフォーマット」と呼ばれているものです。その機能がオンになっていると、先頭の英文字が勝手に大文字になったり、スペースが自動的に字下げに変わったりします。しかしこれは、親切というよりおせっかいですね。

いくつかのWord解説書では、Wordをはじめて起動したら、まずこれらの機能をオフにすることが勧められています。搭載されている機能がすべて有用とは限らないのですね。そんなこともいっしょに学んでいきたいと思います。

 

(2011年3月23日(水) 18:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

WordPro大親切スクール
星加弘文 (Word)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ