サイタビジネススキル講座文章/文書の書き方講座ライティング兵庫 adpコピーライティング講座 スクールブログ 自称〇〇

自称〇〇

この度、ご縁あって「コピーライティング講座」を開催することになりました
adpの春名慎太郎と申します。
これからよろしくお願いします。
なぜ、コピーライターの僕がこのような講座を始めるのか、その理由をブログの最初のテーマにしたいと思います。

経験年数やスキルがものをいう専門職のカメラマン、デザイナー、コピーライターなどの仕事が、近年デジカメ、DTPソフト、SNSなどの普及によって一般の人たちにとって、ずいぶん身近なものになりました。
喜ばしい反面、にわかカメラマン、デザイナー、ライターが増えたように思えます。
確かにデジカメでプロのカメラマンみたいな写真が撮れたり、
DTPのソフトを使用すれば、プロのデザイナーのようなレイアウトを簡単に組んだりできます。独学で勉強してさまざまな手法や技法を駆使している人も多いでしょう。
しかし、それによってプロの領域に達したわけではないと思うのです。

プロは便利な道具を使用する以前に高い「専門性」を持っています。
仕事として携わるその商品を如何に撮ればよいか、どのような文章を書けばよいか、またデザインすればいいか知識と経験という引き出しをたくさん持っているのがプロです。

ライティングにおいてもただ文章を書くのが得意、好きだというだけではプロにはなれません。マーケットを知り、生活者の動向を考え、その商品がターゲットとする層に確実に届くメッセージを考えなければなりません。

僕はコピーライティングを生業にしています。
この仕事は大変なことも多いですが、やりがいのある仕事です。
ですから、「にわか」ではなく、プロのコピーライターとしてやりがいを感じ、活躍できる人になって頂くお手伝いができれば、と考えこのような講座を始めるに至りました。

自称ではなく、「稼ぐライター」になるために一緒に頑張りましょう。

 

(2018年8月31日(金) 15:40)

目的・種類別にライティング教室・レッスンを探す

新着記事

この度、ご縁あって「コピーライティング講座」を開催することになりました adpの春名慎太郎と申します。 これからよろしくお願いします。 なぜ、コピーライターの僕がこのような講座を始めるのか、その理由をブログの最初のテーマにしたいと思います。 経験年数やスキルがものをいう専門職のカメ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ライティングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ