サイタビジネススキル講座文章/文書の書き方講座ライティング大阪 稼げる文章に特化したWebライティング塾 スクールブログ 伝わりやすい文...

伝わりやすい文章って何?

みなさんこんにちは。『稼げる文章に特化したライティング塾』コーチの高田です。

今は文章のお仕事をしていますが、今からさかのぼること15年ほど前。漫画家を目指して専門学校に通っていました。

しかし入ってから気づいたのです。

自分は絵がヘタクソすぎることに……。

「おいおい、気づくのが遅いよ!」というみなさんのツッコミが聞こえてきそうですね(笑)

切り替えが得意だったので、方向転換を決意。すぐにシナリオコースへ転向!

講師の方たちが色々な課題を出してくださり、一生懸命書きました。

課題を返される際に決まって言われたのが
「高田君。難しい単語が多すぎるね」ということ。

若い頃の僕は「賢く見られたい」という見栄が強く、日常では使わないような言葉を好んで文章に入れていました。

しかし指摘されて気づいたのです。

「それって完全な独りよがりだ!!」ってことに。

内容が伝わらなければ何も始まりません。

あの頃と比べれば、年の数だけボキャブラリーは増えました。しかしライティングで使用する単語は今の方が簡単なものが多いはず。

ジャンルにもよりますがWebのライティングをするなら、伝わりづらいフレーズや表現は避けるべきです。

特に今は隙間時間に、スマホの記事を読む人が大多数。

「伝わりやすい文章とは、読み手を理解し意識して書かれたもの」なのです。

今の時代、伝わりやすさって本当に大切!

難易度が高めの漢字をひらがなにしたり、分かりやすい言葉へと修正するだけで読みやすさは格段にアップします。

話が飛びますがネコちゃんが、これほど高い人気を誇るのも「伝わりやすいキュートな魅力」を持っているからですよね。

今日はこの辺りで失礼いたします。
まだまだ寒い日が続くようですが、風邪など引かないようご自愛くださいませ^^

伝わりやすい文章って何?

(2018年2月13日(火) 23:49)

次の記事

この記事を書いたコーチ

初心者歓迎!育成経験20名以上の現役ライターが基礎から手厚くサポート

稼げる文章に特化したWebライティング塾
高田豪 (ライティング)

新大阪・梅田/大阪・三国ケ丘・難波・淀屋橋・十三・南方・天神橋筋六丁目・江坂・本町・...

ブログ記事 ページ先頭へ