全国5万人が受講している「サイタ」

水彩画描き方教室・講座

水彩画描き方教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室水彩画千葉 岩井憲之の水彩画教室スクールブログ 5ページ目

岩井憲之の水彩画教室 スクールブログ(5ページ目)

水彩画における白
名にも色をつけない、塗らない 大事なテクニック 紙の白を活かすは大事 強い光が当たる場所は塗らずに残す ほかのテクニックもあります。 それはレッスンで実験
(6月16日(月) 21:22)
画用紙
水彩を何に描くか、ですが、 画用紙が一般的。 サイズはさまざま。 レッスンでは、持ち運びのことを考えると、 あまり大きくないほうが良いと思います。 かといってハガキサイズでは...
(6月16日(月) 10:10)
静物画
絵の練習に静物画は有効。 風景、動物など動くものを描くのは、 スケッチ、場合によっては写真に撮ってそこから画を起こすなど、 時間がかかります。対象は絶えず変化しています。 そこ...
(6月16日(月) 8:28)
絵と写真
最近はデジタルカメラやパソコンの機能がアップして、 撮った写真を水彩画のタッチにしてみたり、有名な画家のタッチにするアプリケーションが登場したり。 でも、人の手で描く絵にはかな...
(6月14日(土) 9:44)
淡彩と濃彩
一口に水彩といっても、水で薄めて素早く仕上げる画ばかりでなく、 時には、油彩のように厚塗りも可能です。 結構幅が広く、奥が深いです。 いろいろな技法をレッスンで、試してみましょう...
(6月12日(木) 20:26)
水彩画の特徴
水彩と油彩では根本的に大きな違いがあります。 明るい、白い部分を先に描くか、後に描くか。 水彩は濃い色を最後に彩色します。 この原則を知っていれば、上達は速いです。 ...
(6月12日(木) 19:46)

岩井憲之の水彩画教室のブログ ・・・計46件

このブログを書いたコーチ

国際アートコンテストで受賞!心にゆとりのある生活、はじめませんか

水彩画描き方教室・水彩画講座 ページ先頭へ