サイタ趣味の習い事絵画教室水彩画千葉 岩井憲之の水彩画教室 スクールブログ 書譜(水彩画に...

書譜(水彩画に役立つ書の筆使い)

唐の時代の書論

先月、上野国立博物館で本物を見ました。
あまりにも素晴らしかったので、
翌日、記憶にあるうちに、
家にある写真を見ながら書いてみました。
筆ペンでもここまで書けます。

水彩画に直接関係ないのですが、
絵筆と水彩画の筆使い、共通する部分があります。
活きた線を描くことは、書をやっている自分が、
水彩に活かしている部分でもあります。

画像も、字としてだけでなく、活きた線を描くという目で
観てください。参考になるところがあります。

詳しくは、レッスンで。

書譜(水彩画に役立つ書の筆使い)書譜(水彩画に役立つ書の筆使い)書譜(水彩画に役立つ書の筆使い)

(2014年8月13日(水) 19:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国際アートコンテストで受賞!心にゆとりのある生活、はじめませんか

新着記事

春になったら、綺麗な風景、花を描きに出かけたいですね。 まだ寒いですが、1か月もしないうちに桜は、満開、場所によっては散り始めているかもしれません。身近な風景を描くのもいいかも。

一富士、二鷹、三茄子 縁起の良い初夢です 見ましたか? それに近い水彩画、残念ながら茄子はなく、鷹でなく隼ですが お許しを。

ペン字、筆ペン、書道講座も開講していますので、 手書きの年賀状をアップします。 正月にふさわしい水彩画もアップします。

2014年もあと2週間あまり 午年もまもなく終わり、未年がやってきます。 そろそろ、今年やるべきことの整理と 来年の準備に入れねば。 画像は馬の描かれている絵を集めてみました。

12月になり、急に寒くなりました。 外出して、屋外でのスケッチは厳しいので、 写真に撮って、自宅で制作。 風邪をひかぬよう皆さんんもおきをつけください。 昨年の紅葉から画にしたものをアップします。

ブログ記事 ページ先頭へ