全国5万人が受講している「サイタ」

ウォーキング教室・ウォーキングレッスン

ウォーキング教室・ウォーキングレッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ウォーキング教室東京 修造ウォーキング教室 スクールブログ 歩くのと走るの...

歩くのと走るのではどちらが楽?

「そんなの歩く方が楽に決まってる」と言う方が多いと思います。

場合によっては走る方が楽なんです。

例えば速いスピードを出す場合。
時速9kmで走るのは楽ですが、歩くのはキツイです。

時速8kmが歩きと走りの境目と言われています。

ちなみに競歩の選手は時速15kmで歩きます。
これは凄い技術です。

マラソンのトップ選手は時速20km位で走りますが、一般のランナーでも時速20kmで走る事が出来ます(数百m位ですが)。

しかし時速15kmで歩くことは容易に出来ません。
あの競歩独特のフォームは凄い技術なんです。

もう一つ私の体験で「走った方が楽なのに」と切に感じたことがあります。

あれは今から5年位前、72kmのランニングの大会に出た時のことです。

50km過ぎで右脚の太もも外側が急に痛くなりました。
歩いてみると痛みは無いのですが、走るととたんに痛みが出ます。

制限時間は3時間以上あったので歩いてでもゴール出来そうでしたので、とにかくゴールに向けて歩き始めました。

ゆっくり歩いてゴール出来るほどの余裕は無いので早歩きで進みます。

時期は4月半ばでしたが場所は富士山の麓で、日が暮れると寒さが厳しくなります。
おまけに雨も降ってきました。

このときに「走ったらどんなに楽か」と思いながら歩き続け、制限時間の20分程前になんとかゴール出来ました。

 

(2015年2月13日(金) 0:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgまで減量!正しく歩いて健康への第一歩を踏み出しましょう

修造ウォーキング教室
北村修造 (ウォーキング)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・多摩川・元住吉・綱島・駒沢大学...

ブログ記事 ページ先頭へ