サイタスポーツ教室ウォーキング教室東京 修造ウォーキング教室 スクールブログ ウォーキングと...

ウォーキングとランニングの違い

ウォーキングとランニングの違いは、一般的に「ウォーキングはどちらかの脚が地面についているが、ランニングは両足が空中に浮いている時間がある」と言われています。
実際にウォーキングとランニングを試してみると「なるほど!」と感じるでしょう。

競歩のルールでも両方の足が地面から離れると「ロス・オブ・コンタクト」という反則をとられます。
ちなみに競歩では前脚が接地の瞬間から地面と垂直になるまで膝を曲げてはいけません。曲がると「ベント・ニー」という反則になります。


「修造ウォーキング教室」で教えるのは競歩のような歩き方ではなく、体幹を使って楽に長く歩けるウォーキング技術です。
普段のウォーキングでは使わない骨盤や肩甲骨を動かすイメージで歩くと体幹を使ったウォーキングが出来るのです。

レッスンを受けて体幹を使ったウォーキングが出来るようになると、ちょっと違った感覚を味わうことになります。

「どちらかの脚が地面についているのでウォーキングなんだけど、感覚はランニングに近い」そんな感じです。

是非そのような感覚を味わってみてください。

 

(2015年2月3日(火) 0:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgまで減量!正しく歩いて健康への第一歩を踏み出しましょう

新着記事

先日品川でレッスンがあり、待ち合わせ場所の品川駅で行きかう人を観察していました。 時刻が夕方6時前だったので、帰宅途中のサラリーマン、OLが大勢歩いていきます。 注目したのは「歩く姿勢」。良い姿勢の方を探してみたのですがほとんどいません。 本当に姿勢が悪い方が多いです。 目立ったの...

関東では暖かい日が多くなり、春の訪れを感じます。 春は何かを始めるには良い季節です。 「外に出て何か運動をしてみよう」 そんな時ウォーキングは気軽に始められる良い運動です。 私は結構速いスピードでウォーキングをします。 それはウォーキングはランニング練習のベースになっていると...

「そんなの歩く方が楽に決まってる」と言う方が多いと思います。 場合によっては走る方が楽なんです。 例えば速いスピードを出す場合。 時速9kmで走るのは楽ですが、歩くのはキツイです。 時速8kmが歩きと走りの境目と言われています。 ちなみに競歩の選手は時速15kmで歩き...

ウォーキングとランニングの違いは、一般的に「ウォーキングはどちらかの脚が地面についているが、ランニングは両足が空中に浮いている時間がある」と言われています。 実際にウォーキングとランニングを試してみると「なるほど!」と感じるでしょう。 競歩のルールでも両方の足が地面から離れると「ロス・...

歩くことは健康で身体に障害がない方であれば出来ます。 近所の川沿いや公園にもトレーニングウエアでウォーキングをしている方々を多く見かけます。 「ウォーキングなんて習う必要が無いのでは?」と思う方もいると思います。 そこでウォーキングを習うメリットを書き出してみました。 ...

ブログ記事 ページ先頭へ