全国5万人が受講している「サイタ」

ウォーキング教室・ウォーキングレッスン

ウォーキング教室・ウォーキングレッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ウォーキング教室北海道 やぎちゃんのウォーキング教室 スクールブログ 冬は歩幅が狭く...

冬は歩幅が狭くなります。

冬の間にウォーキングはなかなか難しいですね。

雪の上だと普通に歩くのにも苦労します。
そして、どうしても外に出にくくなるものです。

北海道で行った調査では、雪が降ってしまうとどうしても歩数が減少する傾向にあります。
普段ウォーキングや活動的に過ごしている人でもやはり減ってしまうのが特徴です。

さらに、歩幅を測ると小さくなっている事が多く報告されているのです。

仕方ない面もありますよね。
滑りやすい氷の上を歩くようなものですから、転ばないようにチョコチョコ歩かなければなりません。

歩幅が小さくなると骨盤の動きも小さくなり、可動域が狭くなってしまいます。
これはエネルギー消費も少なくなりますし、体幹筋を動かす事も出来なくなるので、内臓脂肪の燃焼が少なくなってしまいます。

冬の間に太ってしまう原因のひとつです。
これに加えて外に出る回数が減ってしまうとなおさらです。

冬にお勧めのウォーキング。それはゆっくりとした動きで歩幅を広げて歩くウォーキングです。
滑って転ばないように安全な道を選ばないといけませんが、速く歩く必要はありません。
歩幅を広げて歩く事で、エネルギー消費も高まり、骨盤の動きも良くなります。

もし、それでも滑って転ぶ事が怖い場合は、断然ノルディックウォーキングがお勧めです。
2本のストックを突きながら歩く事で転倒予防になり、安心感があります。

冬に運動不足にならないように週に1~2回のウォーキングをお勧めします。

冬は歩幅が狭くなります。

(2015年1月6日(火) 11:16)

前の記事

この記事を書いたコーチ

健康運動指導士の資格あり!正しい歩き方で運動の質をぐっと上げるお手伝い

やぎちゃんのウォーキング教室
柳沼浩 (ウォーキング)

発寒・発寒中央・琴似・桑園・札幌・発寒南・中島公園

ブログ記事 ページ先頭へ