全国5万人が受講している「サイタ」

ウォーキング教室・ウォーキングレッスン

ウォーキング教室・ウォーキングレッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ウォーキング教室岡山 基礎からじっくりウォーキング スクールブログ ひやけ

ひやけ

日焼けとその対策のお話です。


みなさん、紫外線(UV)はお肌の大敵と言われていますし。そのようなニュアンスの言葉を耳にしたことがあるかと思います。


しかし紫外線って何ですか?太陽の光?シミができるもの?日焼けの原因になるもの?


本当は何という,お話をさせて頂ければと思います。


まず紫外線のお話をさせて頂く際、太陽の3つの光線の話をしないと前に進めません。

・可視光線(目に見える太陽の光線)

・赤外線(熱として感じる太陽の光線)

・紫外線(目にも見えず、熱として感じることのできない光線)

なんだか中学生の時の理科の授業みたいですね。


そして、やっと登場してきた線紫外線。さらに分類させて頂くと、

波長の長い→UV-A(紫外線A波)

波長の短い→UV-B(紫外線B波)

に分けることができます。(実はUV-Cというものもあるのですが地上まで届かないのでココでは割愛させてください。)


A波・B派と2つの紫外線が出てきました。続いて2つの紫外線の我々のカラダに及ぼす影響ですが、


紫外線A波は、シミやシワの原因となるものです。メラニンの沈着などに影響を及ぼす紫外線で、曇りの日や窓ガラス越しでも焼けることから「生活紫外線」という別名もついています。


紫外線B波は、乾燥やそばかすの原因となるものです。また肌を赤く焼くもは、この紫外線の影響と言われています。肌の表面に作用し、海辺など強い日差しで焼けることから「レジャー紫外線」という別名もあります。


話が長くなってきましたので、対策に関しては次回のブログで。


まずは太陽の光線には3種類の光があり、その中に紫外線というのもがある。さらに紫外線の中には波長の違いによりUV-A(シミ・シワ)とUV-B(乾燥・そばかす)があり。それぞれがカラダに別の作用を及ぼしているということを理解して頂ければと思いました。


それでは、次回はUV-A・UV-Bそれぞれの日焼けの対策についてお話をさせてください。


じゃあ、また!

 

(2014年7月12日(土) 23:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノルディックウォーキングの指導もOK!健康増進を親身にサポート

ブログ記事 ページ先頭へ