サイタ音楽教室ボイストレーニング教室 宮城 Fumi's ボイストレーニング レッスンノート 体験レッスン(10/30.Sun.)

体験レッスン(10/30.Sun.)

ボイストレーニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「想い出がいっぱい」(H2O)

①マイクの持ち方
・注意点3つ
・近接効果
→効率よくマイクを使う

②カラオケでの飲み物
・油を取るものはなるべく控える
・のどを冷さない方が良い

③歌詞は動かない方が良い
・視覚<聴覚にしましょう
・カラオケでの練習時などにテロップの設定を動かないように変えてみる(※ジョイサウンドの場合)

④声の種類
地声、裏声、ミドルボイス、
チェストボイスを意識的に
使い分けられるように
(これからやっていきます)

⑤録ってよく聴く
スマホなどで録音して、
アーティストとの違いを
探してみる!

⑥基本的なテクニック
ビブラートなどを意識的に
使えるようにする!
(これも次回以降やっていきます)

⑦言葉の出だし!
歌のなかで、フレーズの頭は
しっかりと発音します
(※歌詞に○をつけた部分)
このレッスンノートを書いたコーチ

メディア出演も多数の現役歌手!POPS・アニソン~歌謡曲まで幅広く対応

目的・種類別にボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を探す

新着レッスンノート

☆今回行った基礎や発声☆ ■マイクについて ・使い方の基本的な注意点3つ ・正しい持ち方 ■息ながし(ロングブレス) ・歯に当てスゥーーーっと音を立てながら  長く、限界まで吐く ■8拍ブレス ・吸う・止める・吐く・止める・吸う・止める… を繰り返す →しっかり限...

☆今回行った基礎や発声☆ ■マイクについて ・使い方の基本的な注意点3つ ・正しい持ち方 ☆曲の練習☆ 「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり) ■ブレスを意識する ・どこで吸うのかを本人歌唱から聞き取る  →耳を鍛える練習にもなります ・ブレスが整うと、発声...

☆今回行った基礎や発声☆ ■舌まわし ・ゆっくりと大きくぐるぐるします →口周りもほぐれて滑舌も改善されます ■ストレッチ ■8拍ブレス ■腹式呼吸 1)風船をイメージする 2)犬の呼吸のマネ ☆曲の練習☆ 「marie」(Aimer) ...

☆今回お伝えした基本や発声☆ ■まずは必ずストレッチ🧘‍♀️ せめて…歌う前に行ってほしいもの 1)顔と首をほぐす 2)首をゆっくりしっかり伸ばす(手を使って倒す) 3)肩甲骨をしっかり動かす 4)脇腹を伸ばす →のども筋肉なのでスポーツと一緒でアップが必要 ■舌まわし...

☆基本や発声☆ ■まずは必ずストレッチ ■息の通り道 1)鼻→口…鼻腔が開くのを感じながら 2)口→口(ストロー)…口の奥が開く 3)口→口(空気のボール・背中)…のどの奥が開く 4)口→口(空気のボール・お腹)…のどの前の方 〃 ・1〜4をそれぞれ10回ずつ ...

レッスンノート ページ先頭へ

ボイストレーニング情報

サイタのボイストレーニング講師がブログを通して、ボイストレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボイストレーニングの先生

@VoiceCyta