サイタ音楽教室ボイストレーニング教室東京 てりんごボイストレーニング スクールブログ バンドてボーカ...

バンドてボーカル!

ボーカル担当でバンド活動しておられる方!

バックがバンドだと、かなりの音量。
それに負けない声をださなきゃ!と、ついつい無理をしがち....。

他のメンバーにボーカルが聞こえる音量に下げてもらうことからまずはじめてください。

声だけが生楽器。無理せずマイクの音量を上げさせてもらいましょう。潰さないための予防です。

加えて、ボイストレーニングを受けて、自分の身体を使った、最良の声を発見していきましょう。
身体を使えるようになるだけで、かなりの声帯疲労が改善されます。
その上で、響きのある声に育てて行きましょう。
そうすれば、音圧もあがります。

バンド活動には、是非、ボイストレーニングを受けてみて下さい!

 

(2017年7月1日(土) 17:56)

前の記事

この記事を書いたコーチ

クラブ歌手・タレントとしてCM出演ほか多彩に活躍。本当の声に出会えます

新着記事

ボーカル担当でバンド活動しておられる方! バックがバンドだと、かなりの音量。 それに負けない声をださなきゃ!と、ついつい無理をしがち....。 他のメンバーにボーカルが聞こえる音量に下げてもらうことからまずはじめてください。 声だけが生楽器。無理せずマイクの音量を上げさせて...

留守電用に、自分の声を録音して、『変な声!』っと思った事はありませんか? 実は、自分が聞いている声と、他人が聞いている声は、全く違う声なのです。 口からでてくる声をAとします。 声帯の振動が、骨を伝わって耳に聞こえる声をBとします。 ご自身に聞こえているのはAとBを足し...

ご自分の声を録音した時に、「変な声」と思った事はありませんか? 実はその声がご自分の本当の声なんです。人は、耳から聞こえる自分の声とともに、内耳の骨を伝わって聞こえて来る声をミックスして聞いています。その声をご自分の声と思っていますが、これが、発声を良くしていく上で、すごく悩ましい事なのです...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボイストレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ