全国5万人が受講している「サイタ」

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボイストレーニング教室東京 伝わる声をつくる教室 スクールブログ 笑顔で歌うと表...

笑顔で歌うと表れる良い効果

こんにちは。ボイストレーナーの湯原愛理です。
突然ですが、笑顔というのは素敵ですよね(^O^)
その場の空気を和ませたり、盛り上げたり、周りや自分をも幸せにしてくれます。

その笑顔は、歌の場面においてもとても良い効果があるんです。
今日は少しだけその話をしたいと思います。

まずは、発声という観点から。
日本語は、発音するとき下あごを使いがちです。でも、発声練習をするときはなるべく下あごにはチカラを入れないのが理想的です。口の中の空間をなるべくあけて響かしてあげる。それが良い声へのステップです。

それには、まず、笑顔が必要なのです。鏡に向かって笑ってみてください(^▽^)
口角がグッと上がり、ほっぺたもグイッと上がりますよね。その状態で「あー」と言ってみてください。
口の中の空間がより開いている気がしませんか?
あまり実感のない方は、下あごを下へと引っ張って目一杯大きな口を開けて比べてみてください。あごが外れそうなくらい開けている割には、口の中に空間があるように感じないはずです。
ということで、笑顔というのは、発声練習の際にも必要なことなのです。

そして、もう一つは、表情筋。
皆さんは、普段どれくらい笑いますか?
毎日毎日笑って過ごしている人は、実はそんなにいないかもしれません。
でも、歌うときにはぜひ笑いましょう!普段は使わない筋肉が動かされ、表情がもっとポジティブに豊かになりますよ!

私のレッスンは、難しいテクニックを習得するというより、楽しいと感じていただける内容をなるべく重点的に考えています。最初は作り笑顔でも、だんだん自然と笑顔が出るようになってくると、あらゆることに積極的に挑戦したくなるものです♪たくさんたくさん、趣味を増やしましょう(^^)

 

(2015年6月26日(金) 16:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

声に自信のない方、必見!内閣総理大臣賞を受賞したコーチがサポート

伝わる声をつくる教室
湯原愛理 (ボイストレーニング)

東京・新宿・高田馬場・飯田橋・初台・銀座

ブログ記事 ページ先頭へ