全国5万人が受講している「サイタ」

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボイストレーニング教室東京 江尻ボイストレーニング教室 スクールブログ 新たにボイスト...

新たにボイストレーニング教室開講いたしました。




どうも!


ピアノ&弾き語りでお世話になっております江尻です。



この旅ボイストレーニング教室もOPENいたしました。


以前からボイストレーニングのお仕事をいただく機会が多かったので、

サイタさんの方でもお教室をさせていただきます。









私が主にレッスンしてきたのは、

・アイドルの卵たち
・会社の重役様方

です。






アイドルさんたちは、お歌がお仕事なのでもちろんですね。

そこの事務所に所属していたので、指導しておりました。






さて、会社の重役様というと…






その昔

・小唄
・囲碁
・ゴルフ

という“三つのコ”ができないと重役にはなれないと言われておりました。



昔は今よりももっと交際費が自由に使えたことと、

今以上に男の世界と女の世界がはっきり分かれていたので

花柳会での宴会が盛んに行われておりました。


その宴会で宴酣わになると、今のカラオケのように小唄が披露されました。



宴会のたびに同じ曲だとみっともないので、

師匠について新しい唄を稽古してもらう。。

上司がそんなものだから、部下ももちろん小唄を習う…。


そんな慣わしがあったのです。








今は右へ倣えの様な風習は少なくなってきましたので、

部下をたくさん連れて飲んだり、そういう義務的ではありません。



しかし、未だにちょっとした会で歌ったり、気の置けない仕事仲間と銀座や赤坂

都会でなくとも粋な夜遊びをされる方は多くいらっしゃいます。

そんな方々のボイストレーニングをしていたので、

年の割りには渋い曲をトレーニングすることが可能です…笑




そろそろ宴会シーズン

といっても日本人は祭り好きなので、シーズンごとにモチベーションをあげて

ちょっとした時に粋なお唄を歌えるように

日々歌っていきましょうね!


明日香

 

(2015年3月23日(月) 18:04)

次の記事

この記事を書いたコーチ

上達のコツは“言葉”。オペラ歌手直伝の歌い方を美しい言葉にのせましょう

ブログ記事 ページ先頭へ