全国5万人が受講している「サイタ」

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習

ボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボイストレーニング教室京都 木下ゆうきボイストレーニング教室 スクールブログ 外で歌う時の注...

外で歌う時の注意

こんばんは。

いきかなりですか、河原等、外で歌う練習したり、ストレス発散に外で歌ったりする方いますか?
僕はよく河原でギター持って歌ってます!
僕の友達にも河原でケータイとかiPod持ってイヤホンで聴きながら歌ってストレス発散してる人がいるので、もしかしたら結構いるのかな?

これがなかなか大変なんですよね。
雨は降るわ日焼けするわ、足元に蛇いるわ、横でカップルラブラブやわ…

さて、こっからが本当に気を付けてもらいたい事なんですが、外に出ると、特に僕みたいに河原とかだと、屋内と違って壁がないので自分の声の跳ね返りがなくなります。

そうすると自分の声の音量がわからなくなり、声が出せてるにもかかわらず、声が出せてないと勘違いし、かなり張り上げて歌ってしまいます。

で、感覚がマヒして、腹から声でてるとか、うまくなってるとか勘違いしてしまいますが、これではずっと叫び続けてるだけになるのですぐ声も枯れるし、喉痛めるし、ストレスも逆に溜まる。
いい練習になんか絶対なりません。
もし、屋内での音量を覚えて、外でも抑えて歌えたら、練習やストレス発散にもなるかもしれません。

環境の違いに応じて歌いましょう

 

(2014年6月16日(月) 0:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音声学や解剖学から発声を学んだ本格派!弾き語りの経験も豊富

木下ゆうきボイストレーニング教室
木下裕貴 (ボイストレーニング)

丹波口・三条・烏丸・大宮・西院・西京極・桂・烏丸御池・太秦天神川・帷子ノ辻

ブログ記事 ページ先頭へ