サイタ音楽教室ボイストレーニング教室愛知 自分の声が好きになるボイストレーニング! スクールブログ 壁にぶち当たっ...

壁にぶち当たったら…?

勉強を進めてくると、いずれやって来るもの。
それは、「限界を感じる」ということ。

気落ちしてしまうこともありますが、
そんなときは発想を変えてみましょう!
限界を感じるほどに成長した自分に、
まずは「よくやった!」と言葉をかけてやりましょう!

…とはいえ、それだけでは事態は解決しません。

少なくとも、いまの自分には何かが足りない。

その「何か」とは何だろう?…と、誰もが考えます。

ですが、ここもまず発想を変えてみましょう。

基礎的な練習が実を結び、

いよいよ次のステップが見えてきた今、
考えるべき内容を変えてみるのです。

考えるべきは、基礎にあらず!

極端なことかもしれませんが、

今までやって来た自分のスタイルを、

ぜーーーんぶ、ぶち壊してみたり。

穏やかな曲が好きな人は、一度ハードロックの曲を歌ってみたり。その逆もあり。

今まで自分のなかでタブーと思っていたものに挑戦してみたり。



…限界を感じる、ということ。



それは一種の「サイン」なのです。

それは次のステップが近づいているということです。

そのなかで、今までと同じ事をやっていても、

次のステップにはなかなか進めません。

「今までの自分がやったことの無いもの」の中にこそ、次のステップへの階段があります(^o^)


私も昔、限界を感じた時に、全く違うジャンルの音楽に手を出してみたり、「ええい、もうどーにでもなれぇー!」という気持ちでやってみたら、


あれ?意外と良いんじゃない?と思えたことがあります。
(若干ヤケになっていた感は否めないかも(((^_^;)


うまくいかないときは、どうしても「楽しむ」ことを忘れてしまいがちです。

ですが、僕たちが歌を歌う根底には、
「音楽は楽しい」という気持ちがあります。

実際、私も、積み上げて来たものをぶち壊すような歌いかたをしたとき、

うーん…と悩むこともなく、ただ純粋に歌を楽しむことが出来ました。

やっぱり、楽しむことが成長に繋がるんだなあと、その時、僕は自分の身をもって経験しました。

成長を急ぐ気持ちを大事にしつつも、音楽を楽しむ気持ちを、決して忘れないようにしていきたいですね!(^o^)


We love sing a song !!

 

(2013年9月5日(木) 0:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。自分の声をコントロールするお手伝い

自分の声が好きになるボイストレーニング!
川上隆史 (ボイストレーニング)

春日井(JR)・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚王山・東山公園・一社・八事・大須...

ブログ記事 ページ先頭へ