サイタ音楽教室ボイストレーニング教室愛知 自分の声が好きになるボイストレーニング! スクールブログ 高い声を手に入...

高い声を手に入れよう! 【ミックスボイス修得の道 その3】

今回でいよいよラストとなります、ミックスボイス習得講座!


今回は、ミックスボイス発声時に声帯周辺がどのように動いているかを知り、

皆さんがそれをイメージすることができるようになることで、

より練習にも取りつきやすくなると思います!!



ミックスボイスは裏声交じりの地声だ・・・と、

以前ご紹介しました。


高い部分であっても声にハッキリした輪郭を持たせることで、

あたかも地声で発声しているように聞こえるというものです。


ポイントとなってくるのは『ハッキリした輪郭を持たせる』という点です!



声帯は2枚のヒダによって構成されており、

声を出すときは声帯が閉じ、吐き出される空気によって振動し、
そのときに発生する音が声となって出てきます。


低めの地声を出す時は、声帯はたるんでおり、
声帯全体が振動しやすい状態となっています。


しかし、高音部分になってくると、声帯がこわばって、
声帯の一部分だけが振動する状態になります。


高い部分が出しにくいのは、こういった体のメカニズムが関連しているからなのです。



それを打開するためには、声帯を閉じる力をアップさせ、

わずかな声帯の振動を最大限に声につなげていく練習が必要になってきます。




~具体的な練習方法~

息を細かく止めながら、「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」と発音する。
(低いところからスタートして、どんどん音程を上げていきます。)

声帯は息を止めたときには閉じています。
反対に、息を吐いているときには、空気を多く通すために開いた状態になっています。

発声をしなくても呼吸だけで「スッ、スッ、スッ、スッ、スッ」と
吐いたり止めたりを繰り返すこともいい練習になります。


上記練習法が、うまくできているかを見極めるポイントとして、

息を止めた後の声が、詰まったような強い声になった場合には、

声帯がしっかり閉まっている状態で声を出せていることになります。



~注意事項~

『声帯を閉じる力を強くする』というのは、喉を締めすぎることとは違うものです。

あくまで普段通りの発声の中で、声に張りを与えるための練習です。

うまくいかないときもあるかもしれませんが、そんな時こそリラックス。

高音練習は喉を傷つけてしまいやすいので、気を付けて練習に臨みましょう。



3回にわたってご紹介してきました、ミックスボイス習得講座!

この練習方法を行い、実際に成果を上げた男性の方から、

『女性ボーカルの曲がキーを下げなくとも歌えるようになった!』という

嬉しいメッセージをいただいたこともあります(^_^)♪


高音開発をするにはまだまだ多くのポイントがありますが、

今回はまず『ミックスボイス』を題材に挙げてみました。

いかがでしたか~!?


他にも、シャウトをきかせたり、裏声のみの表現方法などを混ぜていくことで、

さらにハイトーンを操るボーカリストに近づくことができます。



歌の世界はものすごく奥が深いです・・・

この続きは、実際のレッスンでご紹介したいと思います!


さらに別の表現にもチャレンジしてみたい方、

今回のミックスボイス習得講座やこれまでにご紹介した練習法で、

分からないところがある場合も、

まずは初回無料の体験レッスンに足を運んでみてください♪

皆さんのご来場をお待ちしてます!



では、今日はこの辺で。


またね~!!

 

(2013年8月2日(金) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。自分の声をコントロールするお手伝い

自分の声が好きになるボイストレーニング!
川上隆史 (ボイストレーニング)

春日井(JR)・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚王山・東山公園・一社・八事・大須...

ブログ記事 ページ先頭へ