サイタ音楽教室ボイストレーニング教室愛知 自分の声が好きになるボイストレーニング! スクールブログ 高い声を手に入...

高い声を手に入れよう! 【ミックスボイス修得の道 その1】

もっと高い声を出せるようになりたい!

という要望を持った人! 必見です!!!



高い声を出すためには、「ミックスボイス」というものを修得することが大事です!


「ミックスボイス」とは・・・


端的に答えるなら、『地声交じりの裏声』です。



ついつい力が入ってしまいがちな高音部分。

『ミックスボイス』を修得するためにはどうすればよいのか?どんな練習法があるのか?

それを数回のブログに分けてご紹介していきたいと思います!



注意すべきポイント1

体に無駄な力を入れないこと。リラックスして臨みましょう。



注意すべきポイント2

腹式呼吸を意識した発声を心がけましょう。

腹式呼吸については、こちらのブログに書いてあります♪

http://cyta.jp/vocaltraining/b/32166



注意すべきポイント3

普段、地声で歌っている時より、響きを上に持ってくるイメージを持ちましょう。
(鼻から抜けるような感じで。)



注意すべきポイント4

無理に地声を出そうとするのではなく、
裏声にハッキリとした声の輪郭を与えるイメージで。





インターネット上でもミックスボイスに関して色々検索をしてみると、


ミックスボイスは『地声のように声を出せる!』というフレーズをよく見かけます。


確かにそうなのですが、地声からどんどん高くするというイメージを持ちすぎてしまうと、


最初のうちは、がんばって声を出そうとして喉を締め付けすぎてしまう恐れがあります。




なので、今回皆さんにご紹介するミックスボイスの練習法は、


『裏声から地声に近づけてゆく』をコンセプトにしています!





最後になりますが、一つだけ練習方法をご紹介します!



まず、裏声で「アーーーーー」と声を出します。


その状態から、音程を変えずに地声にしてみましょう!


(高すぎないor低すぎない音程で練習しましょう。
裏声でも地声でも出せる程度の高さで。)


地声に変えたら、また裏声に変えてみましょう。


以後繰り返し・・・・・・・



地声から裏声に変わる瞬間、裏声から地声に変わる瞬間は

特に意識が集中するはずです。


その中の一瞬かもしれませんが、

あなたの声は『地声交じりの裏声』を発しているのです。


ミックスボイスとは、裏声交じりの地声のこと。


そう!それがミックスボイスなのです!(^_^)


まずはこの練習で、

『なるほど! これがミックスボイスか~!』と実感してみてください!


最初は難しいかもしれませんが、繰り返していくうちに必ず出来るようになります!



慣れてきたら徐々に音程を上げていきましょう!


※この練習は、上に挙げた『注意すべきポイント1~4』を守って行いましょう!




では、次回に続きます!!



またね~!!

 

(2013年7月12日(金) 3:04)

前の記事

次の記事

新着記事

みなさん、お久しぶりです! 長らくブログを更新出来ないままでいましたが、 ようやくスクール再開のめどが立ちました。 記念すべき再開第一号のブログです♪ 私は以前まで札幌市を拠点として活動しておりましたが、現在は愛知県名古屋市に引っ越してきております。 お仕事上...

日々、パソコンに向かってお仕事をしてらっしゃる社会人のみなさ~ん! 毎日お仕事お疲れ様です! パソコンに向かって仕事をしてるとどうしても、肩が凝ったりしますが、 今日は肩こりと歌の関係についてお話ししようと思います♪ 単純に言うと、肩こりと歌は密接な...

みなさん、こんにちは! 私の住んでいる札幌は、もう秋も終わって冬に突入・・・ というのはさすがに言い過ぎかもしれませんが、 かなり冷え込んできています。 こういう季節になると、暖かい地方にお住まいの方が羨ましくもあります(>_<) なにしろ...

先日、事務局へオーダーしていた名刺が届きました♪ こうして刷り上がった名刺を見ると、コーチとして気が引き締まるというか、 「がんばるぞ~」という気力が湧いてきますね! 今後もさらに努力を重ねていきます! 皆さん、よろしくお願いします♪♪

手話・・・皆さんはご存知ですか?? 私はいま、とある資格取得のための勉強の一環で手話を勉強しているのですが、 これがなかなかおもしろいのです(^_^) 手話は基本的に、聴覚に障害を持った方々の会話のために使うものです。 手の形で「あ、い、う、え、お」を表現したり...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボイストレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ