音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング北海道 MusicCrossボーカル教室 レッスンノート

MusicCrossボーカル教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

耳に届く声
 喉を開くことに難しさを感じていらしたようですが,その解決策は「喉」ではなく「丹田」にあるように思います。「話す」ことと「歌う」ことの最も大きな違いは,「息の流れの有無」と言えます。喉に意識を向...
ステップ・アップ
 発声のことでとても大切なことに気づくことの出来たレッスンでしたね。声が枯れない声の出し方を自分で出来るようになったことは,歌以外のことも含めてとても大きな成果ですね。日常生活の中でも是非活用し...
レッスンを終えて
 このたびは体験レッスンのお申込みをいただき,ありがとうございました。 腹式呼吸と喉の開きについて,発声の基本的なことを中心にしたレッスンでしたが,いかがだったでしょうか。 体を使うことによ...
声は息によって歌になる
 前回から少し日にちがありましたが,レッスン開始時点から「声が出てきたな」と感じました。声を出すことへの恥ずかしさや抵抗感が薄れてきたことと,体を使って声を出すことになれてきたのでしょう。「犬の...
自分の声を生かす方法
 お忙しい時間を割いてレッスンに足を運んで下さり,ありがとうございました。「喉をひらく」ための練習方法を知りたいというご要望でしたから,アップをしながら「h」の発音を入れる方法を練習しました。前...
アップの順番と息の流れ
 前回の「気持ちをつくる」ことと違って,今日は「歌う体をつくる」ための方法を学んでいただきました。体のウォームアップの順序を,腹式呼吸の意識からスタートして,次に声を息の流れにのせていくこと。最...
「考える」ではなく「おもう」
 今日はお疲れ様でした。初めての会場で,しかも生ピアノでのレッスンでしたが,いかがだったでしょうか。低い音域でのどを開いて歌うことと,曲に気持ちを入れていくこと。とても重要なふたつの要素について...
ミックスヴォイスで歌声をつなぐ
 カラオケで数曲歌うと声が枯れるという症状は,どなたでも経験することです。地声の張りに対して裏声になった部分はどうしても声量が落ちてしまいます。そこで今日は,いい響きの声で歌えそうな音域を裏声で...
腹式呼吸と強弱表現
 前回のレッスンから少し経過していたので,前半は徹底して腹式呼吸にこだわった練習でした。そこから喉を開きつつ声を響かせて,呼吸によって強弱をつけるところまで進むことができました。 難しく感じら...
「うまさ」を探る
プロの歌手がどのように歌っているのかを,いくつかの切り口で聴いてみることで,「声の良さを聴かせるところ」「歌詞の言葉を語るところ」などがわかってきます。つまり「うまい」と感じさせる歌には歌い方の...

MusicCrossボーカル教室のレッスンノート ・・・計23件

MusicCrossボーカル教室 ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta