音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 レッスンノート

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室レッスンノート(46ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

If we hold on弾き...
If we hold on 弾き語り用にアレンジを考える。 コードを見て押さえやすい展開和音を考える。 左手右手歌を合わせて、途中まで演奏出来ました。 8ビートのアレンジ 両手でノ...
低い音の出し方ハミング「ん~」...
低い音の出し方 ハミング「ん~」から、少しずつ下あごを開けて行く。 「むぁ~」で胸に響きが来るように 低い音は下向きに出す。 高い音は上向きに出す。 この星に生まれて ...
のど開けのどぼとけを意識的に下...
のど開け のどぼとけを意識的に下げてみる。 その状態で声を出す。 舌が長めなので、力が入らないように緩ませる。 のどが開いた状態を覚えましょう。 低音を胸に響かせる 「んー」 か...
発声の基礎と歌を連動させる。腹...
発声の基礎と歌を連動させる。 腹式呼吸で吸って、支え(息が一気に出ていかないように下向きの力を加える)ながら、声を出す。 ハッハッハッとスタカートで出してお腹を使うのを確認してからロングトー...
栄光の架橋ペダルを踏みながら弾...
栄光の架橋 ペダルを踏みながら弾き語り。 歌とピアノの気持ちを合わせる。 歌が盛り上がる時はピアノも激しく弾くこと。 優しく歌うときは優しく弾くこと。 あとは流れに乗っていけば...
手紙前回やったことの復習注...
手紙 前回やったことの復習 注意点 イントロの右手 メロディーを際立たせるようにハキハキ弾くこと。 出だしの音を強くはっきり鳴らすことです。 サビの盛り上げ方 立って歌うときと...
基礎「支え」の練習腹式呼吸...
基礎 「支え」の練習 腹式呼吸で吸って、横隔膜を下向きに押さえ続ける。 喉の奥を開けたまま。声を出しながらやってみる。 歌に応用 エブリシング 母音に直して歌ってみる。 い・う...
基礎お腹で支える。ロングトーン...
基礎 お腹で支える。ロングトーン(長く伸ばす) Believe ハモリの練習。 主旋律を歌ったり、低音でハモッたり、両方できるように、これからも時々やります! ソーラン節 重...
本日のテーマ☆腹式・発声練習で...
本日のテーマ☆ 腹式・発声練習で出した声をそのまま歌に使えるようにする。 1、ブレスの練習 吐ききって喉を開ける。一瞬でお腹に息を戻す練習。 吸おうとすると、胸に吸ってしまうので気を...
腹式呼吸の確認「支え」を意...
腹式呼吸の確認 「支え」を意識する事。。。せっかく腹式で吸っても、声を出す時に息が逃げてしまわないように、下向きの力でお腹を張る感覚を持ち続ける(横隔膜を下げる) 低い声の出し方。。...

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室のレッスンノート ・・・計598件

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 ページ先頭へ