サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 新潟 hanaボーカル教室 レッスンノート 3曲の細部を磨いていくレッスン

3曲の細部を磨いていくレッスン

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日もお疲れさまでした!

全体的に前回より歌いこまれていてよかったので、
さらに細部を丁寧に磨いていきましょう。

例えば伴奏の音量が控えめになる部分、先ほどお伝えしたポイントを
意識するとしないでは聞こえ方が全然違います。

その部分だけ録音して比べていただくと分かりやすいです。

フェイク部分やポジションキープ部分も同様です。

レッスンは60分の中で3曲なので、できれば自主練習に行ってみてください。

お分かりになりづらい場合は、次回一緒にやってみましょう。

その他疑問が出てきましたら、来月に入ってすぐのタイミングにでも
メールでご連絡ください。

次回レッスン内でお応えできることはして参ります。
このレッスンノートを書いたコーチ

日本発声協会認定トレーナー!FNS歌謡祭に出演、flumpoolと共演

新着レッスンノート

今日もお忙しいなか、ありがとうございました。 生徒さんは雰囲気を出すのがうまいので 全体的に深いところから声を出していただくと、 さらによくなります。 レッスンで同じことを何度言われたとしても 毎回「さらに●●」と追究していくことで、能力が高まります。 基礎がさらに浸透...

暑いなかお疲れさまです。 発声のあと、3曲でレッスンしました。 誰もがそれぞれ違う楽器なので、歌手と全く同じ声を出そうとする必要はありません。 生徒さんの持つ声の中で、高みを目指していきましょう。

今日もお仕事前にお疲れさまです。 今回も細かい部分をアドバイスさせていただきました。 自主練習時は先ほどのメモを参照のうえ、できれば録音して 聴いてみましょう。

お疲れさまです。 今回も4曲でレッスンしました。 ノートにお書きしたポイントを押さえて練習を重ねていきましょう。 次回以降もその時の状態に合わせてアドバイスします。

今日もお疲れさまでした! 全体的に前回より歌いこまれていてよかったので、 さらに細部を丁寧に磨いていきましょう。 例えば伴奏の音量が控えめになる部分、先ほどお伝えしたポイントを 意識するとしないでは聞こえ方が全然違います。 その部分だけ録音して比べていただくと分かりやすい...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta