音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 声をまっすぐ出すこと。

声をまっすぐ出すこと。

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

高い声が出にくいとのことでしたので、実際にどの辺りの音まで出せるのか簡単にチェックしました。
だいたい高いミの音辺りでしたね。
声をしっかり出すことにまだ慣れていない段階ですので、もう少し上まで出ると思います。
ただ物理的に出ないものは出ないというのも確かです。
体(楽器)の使い方に慣れるまでは、無理に高い音を出そうとするよりも自分に合っているキーの曲を歌う方が良いでしょう。

お持ちいただいた曲の音源に合わせて2曲歌っていただきました。
目線の先に声は飛んでいくこと、そして声はまっすぐ出すことをお話し、やっていただきました。
喉の負担を減らし、体を鳴らすために声の出やすい姿勢についてもお話しました。
お尻のポンプ、斜腹筋、お腹を伸ばすこと、胸の引き上げなど少し難易度の高いこともやっていただきました。
発声のメカニズムについて興味をお持ちでしたので、かなり高度なお話もしてしまいましたが、全部忘れていただいても大丈夫です。
今日のレッスンで大事なことはとにかく声をまっすぐ前に出すこと。
そしてそのためにはどうすれば良いのか、それだけです。
声をしっかりと出すことに慣れてくれば、スモーキーで色気のある声がもっともっと生きてくるでしょうし、歌うことももっともっと楽しくなってくると思います。
まずは焦らず、少しずつ体の感覚を覚醒させていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

一人ひとりの持ち味を生かす指導が得意!歌手が教える上達のへの近道とは

ケイジーのボーカルレッスン
小幡桂史 (ボーカルトレーニング)

登戸・成瀬・町田・下北沢・経堂・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta