音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート オリエンテーション、マイクで拾いやすい発声法、距離感の発声など

オリエンテーション、マイクで拾いやすい発声法、距離感の発声など

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
マイクの構造や持ち方について説明しました。

しっかり通る声にするために、腹式発声と、クリアな響きを身につけましょう。

呼吸法
腹式呼吸を目指します。
姿勢が曲がらないように意識して、息は吐ききりましょう。
吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。
吐ききることで自然と新しい息も入ります。


発声
音域チェック、高音は1オクターブ上のシの音まででました。
距離感を意識した発声で、遠くへ声を飛ばしました。
遠くになればなるほど、キーは上がります。
息の流れは、高音になるにつれ細く長くつくりましょう。
突き抜けるしっかりとした発声になります。
チェンジボイスキはド♯くらいでした。


課題曲「this love」
初め低音も裏声の発声で歌っています。
地声で余裕で出せるキーなので、距離感をいつもより遠くに置いて、しっかり発声しましょう。

高音になるときには、細く長く、遠くにむけて発声します。
喉にかかる力をお腹に入れるため、お腹の前でペットボトルをにぎりながら歌いました。

ブレスのタイミングでは息は使い切りましょう。
ブレスとブレスをつないだ1フレーズで、1息を使い切るイメージです。


距離感の発声で自然と腹式発声になり、声量もでて、突き抜けるような通る声になってきました。
響きが横に広がらないように、しっかりと集めて歌っていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta