音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 距離感とパイプの高音発声、s.hの発声

距離感とパイプの高音発声、s.hの発声

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
呼吸法から確認していきました。
4拍吸って8拍吐きました。
息はしっかり吐き切りましょう。

発声
ハミングで音をとりました。
地声の発声でいけるところまでは、距離感を遠くにイメージして発声していきました。
裏声のキーに入ったら、身体のパイプを縦にひくようにイメージして発声していきました。
チェンジボイスは、この2つのイメージを息の流れがつながるようにして発声しました。
腹筋が抜けないよう、キープして発声しましょう。

無声音s.hの発声
息を混ぜながら発声していきました。
「si yu si yo…」「ha yu ha yo…」高音から下がっていきました。
一番高音で出した距離感のままキープして、パイプを太く低音に向かいましょう。
口はうごかして、ブレスもしっかりします。


課題曲「safe and sound」
sとhの発音の箇所を確認してから、意識して歌っていきました。
距離感は、思うよりも3メートルくらい遠くからスタートしましょう。

サビの高音部分だけ、バネを縦に引きます。それ以外の箇所は、しっかりと距離感意識して歌いましょう。

ロングトーンと、「la la …」のところ、hの息を混ぜて、腹筋キープしながら歌ってみました。

ポイントとなる子音の発音をおさえて、洋楽をかっこよく歌っていきましょう。
高音発声のやりかたも、イメージして歌えるようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta