音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 身体のコンディションによっての発声、リズム練習

身体のコンディションによっての発声、リズム練習

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
風邪で鼻声の状態でしたので、鼻やのどに負担が少ないようにレッスンしていきました。

リンパマッサージ
顔のリンパを流していきました。

リップトリルとタントリル
表情筋と口をほぐしていきました。

呼吸法
4拍吸って8拍吐く
鼻と口から吸いました。
吸おう吸おうとせずに、吐ききることをまず意識しましょう。

発声
ハミングで音をとりました。
鍵盤を縦にイメージして発声しましょう。
ひとつの音をとったら、そこからどれくらいのイメージで上げたらいいか、下げたらいいかを意識して発声しましょう。

前頭発声から後頭発声へ、響きの箇所を変えながら、きれいに響く箇所を見つけていきました。

息を混ぜて発声していきました。

母音「あ、え、い、お、う」それぞれ発声していきました。


課題曲「ラズベリードリーム」
中間音をいつもより少し後ろにイメージして発声しました。
特に高音発声は、後頭発声を意識しました。

ブレスのタイミングで、息をまぜた発声をしました。
地声は響きの箇所を調整しながらしっかり出して、ウィスパーとの差をつけてメリハリ出して歌ってみましょう。

リズム練習
足踏みと手拍子で、4ビート、8ビート、16ビートとやっていきました。裏拍を感じながら叩けるように練習していきましょう。
手足を合わせるのではなく、身体全体でリズムを刻むイメージでやっていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta