音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 吐ききる呼吸、息の通り道のパイプ、腹式発声

吐ききる呼吸、息の通り道のパイプ、腹式発声

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
呼吸法から確認していきました。
4拍吸って8拍吐く
息は使い切りましょう。
少し上へ吐ききるようにイメージしましょう。

発声
ハミングで音をとってから始めました。
低音から高音へ、パイプと距離感を意識して、細く長く発声していきましょう。

身体のなかのパイプは、息の通り道とイメージして、スタート地点の腹筋から、頭の響きの箇所まで到達してから声を出すようにしましょう。

ペットボトルをお腹の前でにぎりながら発声しました。

息を混ぜて「ha」で発声しました。


課題曲「M」
ブレスの箇所を記入していきました。
ブレスとブレスをつないた1フレーズを、1息で使い切るようにしましょう。
吐ききるときには、少し上へ投げるようにつかいきりましょう。

特にフレーズの入りなど、パイプの途中では声を出さずに、響きの箇所まで到達させてから発声するようにしましょう。

高音になるところでは、身体のパイプを細く長くイメージして発声するか、距離感に置き換えて細く長く遠くに飛ばすように歌いましょう。


腹式発声になってきたことで、声量もアップしました。
身体のパイプの途中で声を出してしまうときに変に喉がしまったり、腹筋が抜けるときに息があがってしまったりして、声が裏返ってしまうことがあります。
響きと支えをしっかり意識して歌っていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta