全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』スクールブログ 16ページ目

ボイススクール『声色』 スクールブログ(16ページ目)

【浅羽由紀のライブにて…】
昨日浅羽由紀のライブを見に行きました。 私が約10年くらい前から数年間教えていたアーティストです。 場所は鶴見サルビアホール。 ステージ中央に真っ黒なグランドピア...
(12月2日(月) 13:45)
【声・余談】
今まで声を出すためのポイントをブログに書いてきましたが、書いているうちにいろんなことを思い出し&考えてみました。 そもそも人の声とはどうゆうものなのか。 もっという...
(11月11日(月) 14:24)
【距離】
さて、声を出すためのポイントのお話も今回が最後になりました。 ラストは「距離」です。 音程を上げていくとき大抵の人は、上へ上へとイメージします。低くなる場合もしかり...
(10月1日(火) 14:46)
【方向】
声についてのポイント「その3」としてあげられるのが「方向」です。 次回お話しする予定のものにも関連することですが、声帯でできた音を「あたり」を通り、体の「ひびき」を使い、体の外へ...
(9月2日(月) 19:59)
【ひびき】
前回お話しした声についてのポイント「その2」として今回は「ひびき」についてのお話しを少しばかりします。 声が声帯ででき、その声が始めに身体にあたる場所が「あたり」でしたね。 ...
(7月8日(月) 19:01)
【あたり】
声という音を効率よく、かつ相手に聞きやすく出すにはいくつかのポイントがあります。 今日はそのうちの一つ「あたり」について少しばかりお話ししようと思います。 「あたり」とは、...
(6月3日(月) 12:49)
【振り返ってみた。】
この頃のブログの内容を見ると、なんだか私はお歌のトレーナーではなくて、身体のトレーナーなのでは?と思ってしまいます。 でも、多分、このような内容になっているのは私自身の年齢に...
(5月2日(木) 13:08)
【じゃあ、何やるの?準備体操って。】
答えは、なんでもいいです。 見も蓋もない答えですいません。 もし昔運動系の部活等をやっていた方は、その時にやっていた準備体操で大丈夫です。 もし文化系の部活、もし...
(4月1日(月) 18:53)
【準備体操しなさい。】
学生の時、プールに入る前に必ず準備体操しなさいと言われていました。 バドミントン部では始めに必ずみんなで声を出しながら柔軟体操をしました。 ブラスバンド部でトランペットをや...
(3月4日(月) 18:51)
【やわらかいこと】
トレーナーというお仕事をしていて気づいたのですが、不思議なもので、身体が柔らかい人は柔らかい声が出やすく、身体が固い人は固い声がでやすいと感じます。 まぁすべての人に当てはまるわ...
(2月4日(月) 14:01)

ボイススクール『声色』のブログ ・・・計194件

このブログを書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ボーカル教室・ボーカルトレーニング ページ先頭へ