全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 Niccolino ボーカルスクール スクールブログ 認知症サポータ...

認知症サポーター養成講座にいってきました。

昨晩、地域の 「認知症サポーター養成講座」に行ってきました。


1時間半の講座。

※認知症とは…
※認知症への理解
※どのようにかかわってゆくべきか…


誰にでも起こりうる症状。
いかに 人としての尊厳は傷つけず…

また 困った先の 「人間杖」になること。


講座をきいている間、終始頭の中を流れていたのは

樋口了一さんの「手紙  ~ 親愛なる子どもたちへ ~」
でした。

この曲は…
年老いて、不自由な体、機能が衰えてゆく主人公が 、自分の子供にあてて書いた手紙になっています。




音楽という手段を通して 自分が何ができるだろうか…


できる、なんておこがましいかもしれない。
だけど 自分が役にたてること、 仕事は何か…って思います。


老人ホームで演奏をさせていただくとき、

参加してくださっているみなさんのお顔をみながら歌うのが 大好きです。


以前 さだまさしさんが、ご自身の著書で

「年寄りは貴重です。なにせ、事故、病気…いろんな困難をくぐりぬけて尚、生きているんですから…。
ただ、それだけでも希少価値があります。」

っていうようなことを言っておられましたが

本当に…。



長く生きて来られた先輩方の前で わずかな時間でも歌わせていただくことは

それだけでも とても嬉しく、ありがたいと思っています。


そういう場を 仕事としていただけていることが
いつもとても幸せです。




昨日の…
認知症サポーター100万人養成講座では

終了の証に ひとりひとり
オレンジ色のブレスをいただきました。



いつも息苦しくなります…
自分にできることを探しています。


(2010/6/4)

認知症サポーター養成講座にいってきました。

(2010年6月5日(土) 0:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌のお姉さん!童謡唱歌~ミュージカルまで、技術以外も伝授

ブログ記事 ページ先頭へ