全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 Anga voice studio スクールブログ お勧めトレーニ...

お勧めトレーニング!!!

ヴォーカルを始めた皆さんは
毎日どのようにして練習をしていますか?

東京ですとアパート暮らしで歌の練習を自室で行ってると
お隣から苦情が来たり・・なんてお話よく聞きます。

そんな方にお勧めのトレーニングがありますよ!!!

私のヴォーカルレッスンでもストレッチの後、
ウォーミングアップとして必ず行っています。

それは「呼気力を上げるトレーニング」♪。

息をコントロールするトレーニングなので
大きな声を出す必要もないし
毎日の積み重ねで発声時の息の流れがスゴく変わってきます。

大事なのは

1、吸う

2、支える

3、吐く

この3っのプロセスです。

1、の「吸う」は、ゆっくりとお腹のそこの方へ息を溜めるように吸っていきます。
この時、自分のおへその下辺りと腰に手を当てて
ちゃんと膨らんで来る事を確認するといいですよ!

2、の「支える」。
これは歌う事の中でとっても重要です。
十分に息を吸った後、
あくびをする時のように喉の奥をゆっくりと広げていきます。 
この時喉に力が入りすぎないように注意してください。
後は舌で喉を塞がないようにして、
お腹で息を支えて空気が出て行かないようにします。

3、の吐く。
これには2通りあります。
自分が決めた拍数まで支えた後、
まずはいつもの呼吸のようにお腹を自然とへこませていく方法。
ゆったりと柔らかい歌い方をする時と同じような息が出て行きます。

もう一つはロックヴォーカルにお勧めの息の吐き方。
さらに踏ん張ってお腹や腰の辺りが外側に広がるように強く息を吐くトレーニング。
張りのある声で遠くに届けたい時、シャウトしたい時等にお勧めです。

これを日常の生活の一部として行うだけです。

例えば、
お風呂に入りながら、
テレビをみながら、
ベッドに横になりながら・・。
いつも無意識にしている呼吸に
ちょっとだけ注目してあげるだけです☆。


最初の吐き方はほとんどの方が出来るので、
私のレッスンでは強く息を吐くトレーニングを中心にやっています。

これが出来るようになると
声が息に乗る感じが掴みやすくなりますよ。



もうちょっと詳しく教えて!!!という方は
是非体験レッスンにいらしてくださいね☆。

 

(2007年9月16日(日) 19:46)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ