サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【早く吸える?...

【早く吸える?】

歌で使う腹式呼吸は基本的に鼻で吸って口から吐きます。

歌っている時のブレスでもそうして欲しいのですが、そうもいかないことがあります。

それは早く息を吸わなければいけない時です。

特にリズムが早かったり、言葉が詰まっていて息を吸うタイミングがない時などは鼻で吸っていると間に合わないことがあります。

そのために口から早く息をお腹に入れる事が大切になります。

なので基本の鼻から吸うトレーニングの他にも口から早く吸うトレーニングもやっておくと使えます。

練習方法としてはまず口からゆっくりしっかり息を吐き切ります。そして、0.1秒くらいで一気に吸うようにします。吸うというより凹んだお腹に息を戻す感覚が近いかもしれません。

ただこれの難しいのは息が胸に上がりやすいことです。少しくらいは上がってもいいのですが、できるだけお腹にしっかり戻せるようにトレーニング出来るとベストです。

このトレーニングはレッスンをしていてもちゃんとできている人は1割もいないくらい上級者向けですがトレーニングをする価値はあります。

歌が苦しくなる原因は息が足りていない事がほとんどなので、歌っていてそう感じる方は是非トライしてみてください。

 

(2018年8月20日(月) 12:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

【音楽療法士 パート1】 5年前の秋に音楽療法士としての活動をスタートしました。 まだ3、4年かなぁと思っていたらもう5年、そして6年目に入っているなんて自分でびっくりしています。 音楽療法をやろうと思ったキッカケは音楽で何が出来るかの追求でした。 それまではプロダクシ...

【今日の一枚・ノウゼンカズラ・ミニ】 販売用(ミンネ用)に書いたノウゼンカズラ2枚です。 夏の暑い盛りに長い期間咲き続ける元気印の花です。 真っ青な空の下に咲くオレンジの花は見ていて元気をもらえます! 始天の指絵のお店(ミンネサイト)→ https://minne.c...

【歌詞幕・丘は花ざかり】 昭和27年藤山一郎の歌でひっとしました。 同名映画の主題歌です。 服部良一らしい華やかさのあるメロディーが印象的で、歌っていて朗らかになる曲です^ ^。

【音楽療法ライブ・旅愁】 明治40年中学校唱歌です。 もともとはアメリカの曲だそうですが、アメリカではほとんど忘れられているそうで、日本でのみ歌い継がれているようです。 なかなか面白いお話ですね。 美しいメロディーに郷愁を誘う歌詞でご利用者さんにも人気のある曲です。 ...

【豆柴が仲間入り】 私はクマのぬいぐるみ(テディ・ベア)を集めていますが、その中にクマ以外の動物が仲間入りしました。 豆柴です^_^。 うむ、可愛い。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ