サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ アコースティッ...

アコースティックライヴをやる意味

ただ今、アコースティックライヴの伴奏の練習ど真ん中のキルビルであります。

頭の中がおたまじゃくしの表面張力になっております


出演者の皆の後ろでコケる訳にはいかないので、日々精進しております。


僕がアコースティックライヴをやる意味の中に「初心を忘れない」という事があります。



鍵盤は歌程では無いので、歌以上に困難が多くなります。

自分がジレンマを抱えながら歌を学んでいた頃の感覚を思い出します。

改めて、レッスンを受けてくださる生徒さんの気持ちが分かるんですねぇ。



経験としては覚えていても、感覚は確実に薄れていきますので。


「初心忘るべからず」という事で。


明日も頑張ります

アコースティックライヴをやる意味

(2018年4月17日(火) 22:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ