サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【でもちょっと...

【でもちょっと苦手なテンポ感】

前にカウントの大切さを書きましたが、かく言う私もあまり得意ではないんです。

気持ちが入りすぎたり、声を出すことに集中しすぎたりするとテンポが取れなくなることがあります。

逆に言うとそうなる曲はまだ体にテンポ感が入っていない証拠なので、より歌い込みが必要と言うことです。

歌を歌うということはいろんなことを同時にやらなくてはいけません。

テンポを取るのはもちろん呼吸、発声、音程、感情表現、、、と。

同時に出来る能力があればそれに越したことはないのですが、なかなか難しいのでその中のいくつかでも無意識に出来るようにならなくてはいけません。

それが練習です。

私の場合一曲最低でも100回は歌わないと人前で出来るレベルにならないので、出来るだけ無意識に歌えるようにトレーニングします。

皆さんにそうしろとは言いませんが、目標や理想として大切なことだと思います。

 

(2018年2月19日(月) 14:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

数日前、熱風邪を引きました。 思い出す限り数年ぶりの風邪でした。 それでも一晩寝れば治るので、ホッとしています。 今回の風邪の原因は多分夏の暑さ疲れです。 本当に今年の夏は暑さが厳しく、そのせいであまり寝つきが良くなかった気がします。 だから疲れが取りきれていなく...

可愛らしい小さな白い花ですが、これはクレマチスの仲間です。 つる性なのでガンガンに伸びて絡まり、見上げる位置で真っ白な塊で咲くので圧巻ですが、この写真は地面からほど近い低木に絡まり咲いていました。 多分どこからかタネが飛んできてここで芽吹いたんだと思いますが、年二回は剪定される場所...

ワスレグサ、ヘメロカリス、ユウスゲなどなど近い種類はいっぱいあります。 もともと日本に自生する植物ですが、楚々とした葉姿と派手だけどどこか儚げなオレンジの花が私は大好きです。

もともとはイギリス民謡ですが、明治22年の中学の教科書にのったということは明治初期もしくは江戸の後期には日本に入ってきていたのではないでしょうか。 100年以上歌い継がれる外国の曲って考えるとすごいなぁと感じますね^_^。 YouTube→ https://youtu.be/8H...

ちょっとばかり写真を加工してしまいましたが、なんだかいい雰囲気になりました。 ピンクの濃淡のスプレーバラに濃い緑の葉が映え美しいです。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ