サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【チェンジ②】

【チェンジ②】

チェンジの場所は大きく分けて3つあります。

低音から中音。
中音から高音。
地声から裏声。

また上がっていく音と下がっていく音によってチェンジの場所も変わる方がいます。

前の出し方に喉が引っ張られてしまうんですね。

特に上記のチェンジの場所が変わってしまう方は声が安定しない傾向にあります。

またどちらの声も出せる音域があるため、なかなか一筋縄ではいきません。

いいかえれば声というのはそれだけ多種多様であるということ。

課題にもなるし、強みにも、個性にもなり得るということです。

だからこそプラス思考で考えることが大切で、そのほうが音楽は面白くなると思います。

またいつかチェンジのことはもう少し詳しく書きたいなぁと思いつつ、今回はこんな感じで。

 

(2017年12月11日(月) 14:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ライブ当日は結構のんびりしているかもしれません。 緊張はしていますが、やる事はほぼ終わっているので、ゆっくりします。 この頃はレッスンも入れれるようになりました ^_^。 ただ私の場合、しっかりメイク等もあるので油断は出来ません。 その時間も十分に取り会場に出発します。 ...

夏のベランダはサウナにいるような蒸し暑さですが、こんな美しい葉の共演を見ていると涼やかな気分になります。

アーリーハイブリッドティーのドクターヘルフリヒの2番花はブラインド(花芽のつかない事)する事なく香り高い中輪の花を咲かせています。 梅雨時期なのでうどん粉病が新芽や蕾に出てしまっていますが、それでもこの美しさに育て甲斐を感じます。

沢山ブログにあげているギボウシですがこうやって花を見るとユリ科ということがわかります。 向こうが透けて見えそうな筒咲きの花弁から覗くシベはなんだか妖艶な雰囲気があります。

昭和31年大津美子によりヒットしました。 松竹映画「ここに幸あり」の主題歌です。 当時の結婚式ソングのナンバーワンだったそうで、歌詞を読むと時代がわかりますね^ ^。 YouTube→ https://youtu.be/oSJe3qOSegw (音楽療法 始天 ここに幸あり)

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ