サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【しゃべり言葉...

【しゃべり言葉と歌言葉】

たとえば、「ありがとう」という言葉があるとします。

普通に読めば「ありがとう」です。
ですが、年齢や育ち方によって少し変わります。特に5~60代以上の方は「ありngaとう」となり、「が」の音が鼻濁音になります。

喋りでも歌でも無意識のうちにそうなっています。

鼻濁音の良さは言葉の綺麗さです。日本語が清流を流れるように美しく聞こえます。だから童謡や唱歌などのメロディーが優しく美しいものにはとても合います。
鼻濁音を使わないと言葉がよりはっきりします。リズムにハマりやすくなり、キレがでます。
そう、どちらも良いところ、そうでないところがあります。

また鼻濁音以外でも「ありがとう」の「とう」は普通に話すと「とー」となります。でも音符にのっていれば「とう」と言わなくてはいけません。

そうやって考えると日本人は普段話している言葉を無意識のうちに歌では変換しています。
これは多分小さい頃からの耳馴染みのある話言葉や音楽が関係していると思います。
だから外国の方が日本語を歌うとちょっと変なのも納得します。

この無意識化での感覚が日本人のアイデンティティであると、この頃レッスンをしていて強く感じます。

 

(2017年10月23日(月) 15:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

【リース・クリスマスといえば】 去年から今年にかけて作ったクリスマスリースです。 自分の家用の物、依頼された物などありますが、私のうちにはツリーが無いのでこれがクリスマス飾りです。

【音楽療法 パート4まとめ】 今まで音楽療法のことをお話ししてきましたが、今回が最後。 パート1のところでもお話ししましたが、音楽療法をやろうと思ったキッカケは音楽の可能性の追求でした。 もちろんそう思えるようになるにはいろんな経験をしてきたからですが、この音楽の可能性の追求は私...

【やっと来た!!!】 私の好きなバラのナーサリー「デビッド オースチン ロージズ」のカタログがやっと、やっと来ました。 毎年出していたのにこの数年出していなく、ずっと待っていました! まるでバラの写真集のようなレベルの高い写真が散りばめられ、見ているだけで幸せです^_^。 ...

【十分満足】 燃えるように赤々と紅葉するドウダンツツジです。 気温差が少ない関東ではもみじなどはなかなか綺麗に紅葉出来ません。 でもドウダンツツジは真っ赤っか。 遠くまで行かなくても近所で十分美しい紅葉は見れます。 私はこれで十分です^_^。

【音楽療法ライブ・南国土佐を後にして】 昭和34年ペギー葉山により大ヒットしと曲です。 私もライブで何度か歌いましたが、ご利用者さんに大変人気のある曲です。 昨年亡くなったペギーさんにご冥福をお祈りします。 YouTube→ https://www.youtube.com/w...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ