サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 bon Q voice スクールブログ お悩みシリーズ...

お悩みシリーズ② 高い声について!


今日もお疲れ様でした!
わたしはレッスンをする度、皆さんをよく見ます。
それはご本人の良いところを見つけ出し、悩みを改善する為です。
その洞察はレッスンを一緒にする事においてとても重要です。
今回は「高い声について」改善策をお伝えしたいと思います!

ご要望のトップ5に入る程、多い「高い声」。
「高い声」は一つのアイテムだとしましょう。
大きく分けて3つ。低音、中音、高音(高い声)として、「高い声」をゲットすると会話に抑揚が出る、遠くの人へ声が届く、歌が豊かになる…などメリットが沢山あります!

第一に大切なのはこちらです。
★「高い声」を出す身体になろう!
ボーカルは身体が音を出す楽器です。
高い声には肺活量、力まない喉、筋力が必要なのです。

セルフチェックに、息を沢山吐く練習をしてみるといいでしょう。
どの位の時間吐けたでしょうか。
5秒?10秒?
長く吐ければ、「高い声」へ近づきます。
ここでは息の密度が強い方が良いですが、徐々に強く出来れば問題ないです。
毎日、どの位吐けたかチェックしていきましょう!

次にこちらです。
★力を抜こう!
ボイストレーニングの醍醐味と言いますか、、とにかく自然な状態で「高い声」は出したいものです。
その為にはメラメラと力むとせっかく放出する声を身体に押し込めてしまうので、肩や胸が上がらないように姿勢を保ちましょう。

理屈は分かっても、どうしても力が入ってしまう方へお勧めのセルフチェックは、『ため息』を使いましょう!
「ハァ」や「フゥ」と声よりも息が出るようにリラックスしてください。
おっ出た、と確認したら徐々にため息の音を高く上げていきましょう!
狙いは力を抜くことなので、ボリュームが上がるだけでもOKです!


「高い声」と一言に言っても皆さんの楽器それぞれの個性、改善策があると思います。
「高い声について」気になった方は、まず沢山の息を吐き肺活量を上げ、ため息練習をして締め付けずに声が出る事を実感して頂けたらうれしいです!
今日もありがとうございました!

お悩みシリーズ② 高い声について!

(2017年9月21日(木) 1:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

弾き語りで活躍中。世界でたった一つ、貴方の声の魅力を引き出すレッスン

新着記事

今月はライブが多いです。 今日はこれから東京ビジュアルアーツ 専門学校に行き、デモンストレーション ライブをします。 久しぶりのユニット活動が出来るので非常に楽しみです! 今年の夏は暑さが尋常じゃないので8月にステージには出なくてもいいかな…と考えておりましたが やはりこの夏も音...

こんばんは! レッスン、音楽活動と日々 没頭しておりました。今月も体験レッスン、通常レッスン、ブログを読んでくださった方々もありがとうございます! 自主練を頑張っている方、着々と成果が出ています! 時間や環境によりレッスンの中でトレーニングをする方も 一緒に頑張っていきましょう!...

久しぶりの更新となります! 今月も体験レッスン、そして通常レッスンの皆さまと楽しくレッスンしてきました。 皆さまに感謝です。 今月は地震や天候も良く変わり、体調を崩す方が多く感じました。梅雨明けして季節の変わり目、そして一気に暑くなりました。 どうか体調にお気をつけてお過ごしく...

おはようございます! ゴールデンウィーク 始まりましたね! 4月はレッスンにライブ、グアムまで行って来て盛りだくさんの私でした。 レッスンでお会いできた方、お疲れ様でした! 体調を崩された方もちらほら。お身体大切になさってください。 5月も突き進みましょう^^♪ 5月も出来...

今回はマイクのお話です。 皆さんはマイク練習はされますか? わたしは鍵盤を弾きながら歌うことが多いのですが 自宅や音楽スタジオでのセッティング、歌っている時の意識など マイクとの距離感がどうも気になり 改善したいと考えていました。 ちなみにカラオケのマイクは軽く使いやすく出来て...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ