全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 R.L.D. Vocal School スクールブログ 絶対に喉から声...

絶対に喉から声を出してはならない

私も過去に経験があるのですが、声量を上げる為に大きな声を出そうと毎日練習して、腹式よりも喉に負荷をかけがちで、声が枯れている状態がよくありました。
しかしその状態でまた喉から全力で歌うとポリープになる可能性もありますので注意が必要です。
私の場合は鼻腔等から出血することがよくありました。

声量が少ないとライブで歌った時にバンドの演奏に負けない様、しっかり聴こえる様に歌う為に腹式で足りない部分を声帯に頼り、声枯れを起こし、特に高音はすぐ出なくなります。

声量に関しては特に体が出来てくることが重要になってきます。
喉に力を入れても声量は上がりませんので、喉には一切力を入れずに声を出す鍛錬が必須です。

ちなみに私が体験で行ったオペラ合唱団にたまたまプロの声楽家の先生が講師で来ていて、その先生は前日の公演の影響で話す声は枯れているのですが、発声練習をした時は全く声枯れを感じさせない見事なベルカントでした。
腹式を鍛錬すれば声が枯れていても、声量があり素晴らしい響きのある声が出せるんだと実感しました。
それは裏を返せば喉に頼ることなく喉に力を入れる必要のないことを先生は実証してくれました。

人間の体は筋肉で動き、横隔膜は筋膜という筋肉に張り付く様にある筋肉の一種です。
筋肉は実感できる成長に最低でも3カ月はかかりますので、焦らずじっくり取り組む必須があります。

ボーカルは体が楽器です。
その楽器を育てて名器にしてあげましょう!

 

(2017年9月2日(土) 5:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

R.L.D. Vocal School
Wildtackey (ボーカルトレーニング)

横浜・戸塚・桜木町・関内・東戸塚・戸部・天王町

ブログ記事 ページ先頭へ