サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 裏声のイメージ...

裏声のイメージ☆

たま~に「裏声ってどう出すんですか?」「裏声で歌えていますか?」と質問されることがあります。



たとえば、軟式テニスのラリーのように相手にボールを高くアンダーですくって上に大きく持ち上げるように打つ感じ。



もしくは、“軽く”ふんわりと息を抜けるように声を出す感じ。



などイメージを伝えています。



あとは、実際に歌ってもらって、「今のが裏声ですよ」ってその場ですぐに伝えると、なんとなく分かってくれているみたいです(*^^*)

 

(2017年8月1日(火) 21:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

ブログ記事 ページ先頭へ