サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【アルデンテ】

【アルデンテ】

よい声の表現として私はたまにアルデンテという言葉を使います。

そう、パスタのアルデンテです。

外側柔らか、中はしっかりと芯を持たせる。

これは声にも同じことが言えます。

まずはスパゲティのように一本の声であること。均等な太さであればあるほど声は安定しますね。

柔らかさも重要です。声の硬さはうるささにつながってしまいます。

そして声の中に一本芯を入れること。この芯が入っていることで声は揺れず、マイクに入りやすく、安定します。

ではこの芯とは何か。

それは息です。

細く強い息がまっすぐ揺れずに吐けることが声の芯につながります。逆にこの息が疎かだとせっかくのいい声が揺れたり、届かなかったり、不安定になります。

だから呼吸が大切だし、基礎なんですね^_^。

 

(2017年7月3日(月) 14:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

もともとはイギリス民謡ですが、明治22年の中学の教科書にのったということは明治初期もしくは江戸の後期には日本に入ってきていたのではないでしょうか。 100年以上歌い継がれる外国の曲って考えるとすごいなぁと感じますね^_^。 YouTube→ https://youtu.be/8H...

ちょっとばかり写真を加工してしまいましたが、なんだかいい雰囲気になりました。 ピンクの濃淡のスプレーバラに濃い緑の葉が映え美しいです。

黒バラとシルバーリーフで作った私好みのアレンジです^_^。 大変シックで、少し気温も落ち着いてきた今の時期に合っている気がします。

3ヶ月に一度フローリングにワックスをかけます。 今月はワックス月です! 腰をかがめての長時間のワックスがけはなかなか大変ですが、出来上がった後の鏡のような床に心まで綺麗になった気がして嬉しくなります^_^。 でもまだレッスン室と寝室が残っているので、後日頑張らなくては!

「セミプロ以上を目指す人は最低限の基盤を持て」 もちろんアマチュアの方もしっかり基盤があるに越したことはありません。 基盤があると音楽は数倍面白く、楽しくなるからです。 でも特にセミプロくらいを目指す人はやるに越したことがないではいけません。 やりなさい。 でもな...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ