全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 清水れんボーカルスクール スクールブログ 音痴はいない

音痴はいない

「私、音痴なんですが、治りますか?」



という質問を頂くことがあります。



カラオケで歌うと音が外れて笑われたりする、
上手な人とカラオケに行っても歌うのが恥ずかしい、
職場の集まりでどうしても行く機会があるのに自分はヘタだから歌いたくない…



「私は音痴だ」
と感じている方には、多かれ少なかれ、こういった悩みを持っている方がいらっしゃいます。



でもね、



「音痴は病気のようなもの」
と思っていませんか?



音痴を "治したい" という言葉に、それが現れていると思いませんか?



ハッキリ言います。



音痴は病気じゃありません!



だから処方されるお薬もありません!



つまり、"治す" ものではない、ってことです。



そもそも、「音痴」という言葉自体、私は好きではありません。
そんな人はいない、と、声を大にして言いたいくらいです。



じゃあ、どうすればいいの?
ってことですが。



結論から言うと、
「聴く力を育てる」
ということです。



「音が取れない」っていうのは、「聴く」ことができてない、ってことなんです。



え?聞こえてるよ?
って思うかもしれませんが…



音が外れてる、って誰かから指摘されたり、
カラオケの採点マシンで音程正確率が低いと評価された時、
どう違うのかわからない、と感じたこと、ありませんか?



自分としては音を聞いているつもりだし、正しく出しているつもりだけど、違うと言われる。
何が違うのかわからない。



つまり、「わからない」から、正しく音が取れないのです。



「わからない」ことは「できない」
当然のことですよね。



改めて言いますが、一般的にいう "音痴" は病気じゃありません。
「音程を正確に捉える能力が病気のために欠如している」なんていうわけじゃないんです。



ただ単に、
〜音を聴いて、出すべき音を整理して、実際に声として発する〜
この流れを知らないだけ。
やり方がわからないだけ。



狙った的に、ボールを当てる。
ボールの握り方も、投げ方も、筋力だって大切ですが、ちゃんと的を見ていなければ、そこに向かって投げられませんよね。



この、「的を見る」に相当することが、歌でいうところの、「聴く」ということ。
そして、この流れを丁寧に自分の身体に教えていく。
それが、「聴く力を育てる」ということ。
それさえわかれば、多少時間はかかっても、音は取れるようになりますよ!



音が取れないのは恥ずかしいことじゃありません。
やり方を知らないことができないのは、当たり前なんですから。



もし、歌うことや声を出すことにコンプレックスを抱えている方がいらっしゃったら、一緒に踏み出してみませんか^ ^

 

(2017年6月17日(土) 21:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ミュージカル俳優の傍ら、講師としても8年以上活動!発声の基礎から学べる

ブログ記事 ページ先頭へ