サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【開けるけど開...

【開けるけど開けない】

前にお話しした舌根の続きです。

是非開ける練習にトライしてみてと言っておきながら、今回は開けないことの大切さをお話しします。

前にも話したように喉を開けること、舌根を下げることはとても大切なポイントです。

ただ開けっ放しで歌ってしまうとクラシックな声になってしまいます。

そう開けながら歌うのがクラシックです。(あっ、そうでない場合もありますが。)

そして開けないで歌うのがポップスです。

開けることは喉にも負担がかかりづらく、しっかりした声が出ます。でもその声が全てのジャンルの音楽に合うかというと決してそうではありません。

開けないで歌う声はどちらかというとしゃべる声の延長に近いです。その人の素の声に近いので親近感があり、個性も出やすいです。
でも喉には負担がかかりやすくなります。

さぁ、どっちにする?

舌根の下げる、開けることは喉にも声にもとても良いことです。でもいざ歌うとなると話は変わります。

私はその方が歌いたい声で、歌いたいものを歌ってほしいと願っている人なので、やりたい方向によっては喉は開くな、舌根下げるなと言ってしまいます。


開けるけど開けない。

大切な考え方です。

 

(2017年6月12日(月) 12:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

もともとはイギリス民謡ですが、明治22年の中学の教科書にのったということは明治初期もしくは江戸の後期には日本に入ってきていたのではないでしょうか。 100年以上歌い継がれる外国の曲って考えるとすごいなぁと感じますね^_^。 YouTube→ https://youtu.be/8H...

ちょっとばかり写真を加工してしまいましたが、なんだかいい雰囲気になりました。 ピンクの濃淡のスプレーバラに濃い緑の葉が映え美しいです。

黒バラとシルバーリーフで作った私好みのアレンジです^_^。 大変シックで、少し気温も落ち着いてきた今の時期に合っている気がします。

3ヶ月に一度フローリングにワックスをかけます。 今月はワックス月です! 腰をかがめての長時間のワックスがけはなかなか大変ですが、出来上がった後の鏡のような床に心まで綺麗になった気がして嬉しくなります^_^。 でもまだレッスン室と寝室が残っているので、後日頑張らなくては!

「セミプロ以上を目指す人は最低限の基盤を持て」 もちろんアマチュアの方もしっかり基盤があるに越したことはありません。 基盤があると音楽は数倍面白く、楽しくなるからです。 でも特にセミプロくらいを目指す人はやるに越したことがないではいけません。 やりなさい。 でもな...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ