全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 R.L.D. Vocal School スクールブログ 腰を傷めた方の...

腰を傷めた方の腹式強化、鼻詰まりや鼻腔に問題がある方

私も腰を傷めた経験があり、自身が生徒だった頃に約2年間レッスンを休会した時期があります。

形成外科や整体に通い、時間とお金をかけましたが結局良くなりませんでした。

今でも腰の痛みは残りますが、結局言えることはお腹や腰回りの脂肪を減らす(食事制限や改善)とインナーマッスルの強化を自分の腰と相談しながらやってくしかありませんでした。

腹式の使い方や腰の動きは出来ていると、当然腹筋と背筋を同時に収縮させて発声する訳ですか、これが痛くて腰がズレそうな感覚になり、そこをかばう為に喉にチカラを入れて歌い、すぐに疲弊してピッチが下がり声も出なくなるという悪循環に陥ります。

こうなると正しい発声が出来なくなるので、歌の成長が見込めず悩ましいかな腰痛との戦いになります。

通常、ダイナミックトレーニングを取り入れたインナーマッスルトレーニングと発声を組み合わせて腹式強化を狙いますが、腰の悪い人にはこれが使えません。

その場合にはアイソメトリックトレーニングを取り入れたインナーマッスルトレーニングと発声を組み合わせて腹式強化を狙います。

しかし通常の場合より成長のスピードは格段と遅くなりますので、焦らずじっくりやってく方がまた腰を傷めて歌えなくなる期間を作ってしまうより、結果的には近道かと思います。

こういった方法は腰痛経験者でしかもボーカル講師でないとわからないことなので、皆さんの先生が知っている確率は非常に低いかと思います。

私は腰と鼻腔に問題を抱えつつも、克服して4オクターブ弱の声域を使って歌える様になりました。

そういったお悩みを持ってらっしゃる方は、当スクールにいらしていただけたらアドバイス出来るかと思います。

 

(2017年6月2日(金) 11:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

R.L.D. Vocal School
Wildtackey (ボーカルトレーニング)

横浜・戸塚・桜木町・関内・東戸塚・戸部・天王町

ブログ記事 ページ先頭へ