全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 R.L.D. Vocal School スクールブログ 歌詞カードの作...

歌詞カードの作り方

皆さん、歌詞カードはサイトからただコピペして使ってませんか?

歌詞カードはただ歌詞を見て覚える為のものではありません。
その楽曲を歌える様にする為のノートであり、マニュアルになります。

先ずは、ひと目で見て歌いながらハッキリ見える大きさの文字フォントにしましょう。

次に書き込みが出来る様に行間を開けましょう

最後は歌詞の見栄えではなく、歌に沿って改行したりメロごとにひと目でわかる様にします。

これで準備完了です。
勿論、手書きでもOKですし、歌詞を書くことで更に記憶に残ります。

ここから楽曲の聴き込みや歌唱指導により、ブレスやわからない単語カナふり、抑揚や拍子裏表、歌い回し等、その他色々なことを記入して行きます。

この方法はどの楽曲にも共通で、目で見て耳で聴いて、更に考えながら歌って理解して覚えられます。

当然、どの先生もそういった指導はしてると思いますが、もし自分の先生が指導してくれていなければ、そのスクールは考えた方がいいと思います。

なぜならとても効率の良い方法であり、プロもみんな実践してることです。(楽譜を使う場合は楽譜に書き込み)

 

(2017年5月1日(月) 3:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

R.L.D. Vocal School
Wildtackey (ボーカルトレーニング)

横浜・戸塚・桜木町・関内・東戸塚・戸部・天王町

ブログ記事 ページ先頭へ