サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【求めすぎか?...

【求めすぎか?】

人は求めすぎるとそれを手に入れられない時のショックは大きい。

私は求めすぎなのだろうか?

いざ音楽のことになるとどうやら自分にも相手にも求めてしまうようである。

ただいいものをと思っているだけだが多分そんな簡単なことではないのだろう。
その人がどこに悩んでいるのか、どうしたいのか、その上で私は何を提案できるのか?

私には嫌なものがあるようだ。

それは、出来るのにやらないこと。

出来る実力があるし、言葉ではそうしたいと言っているくせにやらない奴は大嫌いだ。

なんて人生無駄にしているんだと思ってしまう。

ただそれも私の独りよがりな気がする。

でも我慢ならないのでその人には勿体無いと言う。

多分それでもその人はやらないが、それでもまた勿体無いと言う。

言い続けるしかできないのだ。

だって出来るんだから。

私は求めすぎだと思う。その人が、そして自分が一歩、いや半歩進んだ先を考え、求めてしまう。

だからできない時のショックは大きい。でも多分求めることはやめない気がする。

いやはや参ったなぁ(~_~;)。

 

(2017年4月24日(月) 14:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

青みがかかった赤ピンクのバラからはよい香りがします。 でも決して派手な雰囲気はなく、どこまでも優しいブーケです。

サルビア・グラニティカ、通称メドーセージです。 このメドーセージやチェリーセージは本当に使えるサルビアです。 初夏から秋までずーっと咲き、かんかん照りでも木陰でも、土壌もあまり選ばず育ちます。 庭があれば一家に一鉢ある重宝します。 庭が寂しくならず見所が長ーく続くからです!!

大正12年ごろの童謡、叙情歌です。 きんらんどんす、文金島田、鹿の子などなど花嫁衣装や髪型などの単語が沢山出てきます。 私も小さい頃親戚の結婚式で三三九度のお酌をする「雄蝶(おちょう)」の役をやったことを覚えています。 今思うととても貴重な経験だったと思います^_^。

英語の歌ってなんかかっこよくないですか? なんてガキみたいな言い方ですが、確かにかっこよく感じます。 生徒の皆さんもよくそんなことを言います。 さて、何でそう感じるのでしょうか? 答えはいろいろあるとは思いますが、一つは英語のイントネーションにあると思います。 英...

日本の三大香木であるクチナシは陶酔感のある香りを周囲に撒き散らしますが、立派なハーブです。 特に実を使います。クチナシの実は黄色の食用色素なので、皆さんがよく知っているとなるとお正月の栗きんとんの色付けでしょうか。 写真は八重ですが先に基本種の一重が咲いて少ししてから八重が咲き始め...

ブログ記事 ページ先頭へ