サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【トーン】

【トーン】

声のトーンとは暗さや明るさのことです。
音程と密接に関係していますが似て非なるものでもあります。

同じ音を出していても暗く感じる方もいれば明るく感じる方もいます。
また音程を同じように出しても可愛く出すと明るく聞こえ、悲しく出すと暗く聞こえたりします。

そう、トーンを上手く使うと歌が感情豊かに聞こえます。逆にトーンをあまり変えないとクールに機械的になります。

どちらも使えますね。

コンピュータ音が感情的に聞こえないのはトーンが暗くも明るくもないから。

音程を意識する方は結構いるのですがトーンを意識する方はあまりいないような気がします。

音程より人に伝わる感覚はトーンの方が勝ります。

ちょっと意識してみては?!

 

(2017年1月9日(月) 14:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ミンネ用(販売用)に書いたハナミズキの絵です。 ピンクと白、皆さんはどちらが好みかしら? 初夏の真っ青な空に映える優しげな花はこちらを向いて微笑んでくれているようです。 ミンネHP→ https://minne.com/@shiten (ミンネ 始天)

ユリは英語でリリーです。 カサブランカ系でしょうか。 レモンイエローのユリが香り高く咲き誇っているようです。 夏のリースですね^_^。

明治からある曲ですが、作曲家は不明の曲です。 この曲は実は7番まであります。ちなみに7番の歌詞は… いで大船を 乗り出して 我は拾わん 海の富 いで軍艦に 乗組みて 我は護らん 海の国 皆さんが知っている1番や2番だけを歌うと海で遊ぶ子供をシメージするような童謡にも感じ...

大正2年に尋常小学唱歌として載せられた曲ですが、作詞者も作曲者も不明な曲でもあります。 高齢者の方々には「海」の曲といえばこの曲です。「海は広いな大きいな〜」ではないんですね〜^ ^。 たしかに曲としてはやはりこの曲の方が哀愁があり、雰囲気があり、いい曲だなぁと思います。 ...

心を少し涼しくしてくれるようなアレンジにしてみました。 シルバーリーフに白い花。 こんもりこんもり溢れていますね。 外のうだるような暑さを少しでも休めてくれると嬉しいです^_^。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ