サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング大阪 ボーカル番長・ボーカルスクール スクールブログ いきなり大声の...

いきなり大声の発声もダメよ!

歌を歌うことは、体を使うことですからねー、
ウォーミングアップして、体をほぐしてから
徐々に声を出していきましょう。
声帯に負担のかからないように、
最初は小さい声から、そして段々にボリュームアップしていきます。

いきなり大声は、ダメよ

・・・といいながら、ついつい私もいきなり大声で
歌ったりしちゃいますが(ダメじゃーん)、
その後、やはり喉が痛くなってしまいます><(ダメじゃーん)
皆さんは、このような事のないように、気をつけましょうね!

短距離ランナーも、いきなり100メートルダーッシュは、しません。
野球選手も、準備運動して、まずは短い距離でキャッチボールして、
だんだん距離を伸ばしていって遠投して、キャッチボールを終わりにして、
それから本格的な練習ですね。

歌も同じです^−^、はやる気持ちを抑えて、
まずはストレッチして体をほぐしてから声を出すようにしましょう。


 

(2009年9月4日(金) 19:36)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ゴスペル~R&BコーラスまでOK!温かさあふれるボーカル番長

新着記事

ブレない声の為に、しっかり響く声の為に、 下半身の支えは必要です。 下半身はしっかりと踏ん張りますが、 <b>肩の力は抜きましょう</b>。 ・・・と言っても、体はつながってますから、多少は緊張するといいか、 ピンと一本体に芯が入るようになる、というか、 そんな状態になる訳では...

歌を歌うことは、体を使うことですからねー、 ウォーミングアップして、体をほぐしてから 徐々に声を出していきましょう。 声帯に負担のかからないように、 最初は小さい声から、そして段々にボリュームアップしていきます。 <b>いきなり大声は、ダメよ</b>。 ・・・といいながら、...

こんにちは! 皆さんも、「お腹から声を出す」とか、「腹式呼吸」とか 聞いたことがあると思います。 ・・・だけど、『実際、お腹からは声って出るのぉ?』って思いません?? そうそう、そうなんです、実際声が出るのは、声帯が振動するからな訳で・・・。 『じゃぁ、なんで、お腹からっ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ